« 歯車が噛み合っていない | Main | スタジオ練習 »

昨日あった嬉しいこと

そんな中で(笑)

昨日こんな事があった。

その1
FMでギルバートオサリバンアローンアゲインがかかっていた。

すると、娘がふと「これ、すちゅあーとりとるとおんなじ」とつぶやいたのだ。

「スチュアートリトルでかかっていた音楽って事?」と確認しながら「タラララランララン~」と唄ってあげると、何とも嬉しそうに「うん」とうなずくのである。

そうなのだ!たしかにスチュアートリトル2の中で、スチュアート(主人のネズミ)が学校で友達に遊んでもらえず一人で寂しく自動車に乗ってかえってくるシーンでとっても効果的に使われていたのだ。 あまりにキュンとなるシーンだったので、僕にとってもとても印象深くよく良く覚えている。

映画でだっていっぱい曲は流れているし、FMだって普段つけっぱなしだというのに、もう、こいつったら「ずいぶんいい曲に反応するじゃないか!」と、目頭にジワッときてしまったのだった(^^ゞ(親ばかでッス)

cover
ベスト・オブ・ギルバート・オサリバン

その2
息子がレゴの体験教室に行った。普通にブロックを組み立てて遊ぶだけの物ではなく、滑車とか様々なギアを組み合わせてクレーンを作ってみたり、モーターを繋げてみたり、高学年になるとパソコンを使って簡単なプログラムを作りロボットを動かしたりするのだ。 もともと電車や機械物が好きなので行かしてみたら、もう目の色が違っていたらしい。 「こんなのを作ってごらん」といわれてパッと見せられた風車とかを難なく作り、「どうして動くのかな?」と聞かれて「ここをこう動かすと、その力がココに伝わって・・・・」などと自分なりに説明したりしていたらしい。 

風車などを作って動かすと、「回る」ということに興味を持って面白がる子供と「動く仕組み」に興味を持つ子供がいるらしく、うちの子は「ギアがどうなっていて、どうして動くのか」ということに興味を持ったらしい。

「筋がいいですね」といわれたそうなのだが、「レゴに筋もへったくれもあるのかなぁ?」と思いつつも、「科学に対する興味の喚起」とか「興味を更に延ばす」とかの教育的なお題目を語られてしまうと、言われた方は悪い気はしないのだ(^^ゞ 本人は大乗り気なので、たぶん来月から行くんだろうなぁ(爆)

親ばかなんだけど「子供は無限の可能性を持っている」というのをあらためてしみじみ感じたのだった。

|

« 歯車が噛み合っていない | Main | スタジオ練習 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3226/653068

Listed below are links to weblogs that reference 昨日あった嬉しいこと:

« 歯車が噛み合っていない | Main | スタジオ練習 »