« HDD+DVDレコーダ検討中! | Main | Anders Persson再び »

家電寿命10年説

そんな説が本当にあるかは知らないが、良く言われる。
(というより、うちの親たちが言っているだけかもしれないが・・・)

でも、まじで本当なんだよね。というのも、うちがまさにそう。
結婚10年目を迎えて、いろんな家電が壊れ始めているのだ。 一昨年に壊れたのが、まずテレビ。 娘が見ていたら、なにやら焦げ臭いにおいとともに「プシュン」と音がして消えてしまったらしい。 掃除機もそうである。 洗濯機と冷蔵庫は共に壊れる前にリフォームに合わせて取り替えてしまった。 で、とっかえたら次に壊れたのがビデオ。やっぱり娘が見ていたら突然映らなくなった。

で次に何かくるかなぁ・・・と思っていたらステレオである。 コンパクトなボディにFMチューナー、CDプレーヤーと当時のオールインワンな製品だったのだが、このところCDが動かなくなっている。 CDを入れても認識されず、そのまんま吐き出してしまったりする。 昔バーちゃんが画像の乱れたテレビを直すがごとくCDを入れた瞬間を見計らって上から「ゴン、ゴン」と叩いてやると、「はいはい解りましたよ」と言うように動き始めることもあるが、失語症は治らず時折キュルキュルとスリップするような音がして針飛びを起こす。
もちろん、レコードと違って針なんぞは存在しないから、「針飛び」というのは正しい表現ではないが、やっぱり音楽の音がとぎれて別のところから始まってしまう現象は「針飛び」としか言いようがない。
きのうなんぞは、「ゴンゴン」叩いても、CDをまったく受け付けてくれなかったそうな。 

修理に出してもなぁ、きっと「基本料金:5000円、CDドライブ交換:7000円、技術料5000円 合計17,000円」というような見積もりがくるんだろうなぁ、と思うと「買った方が、MDがついているのが手にはいるかも?」と思ってしまうのだ。

当面、ポータブルCDプレーヤーをステレオにつないで延命処置を施すか・・・・。

で、残るは電子レンジである。これも、相当使い込んでいるのでそろそろかもしれない。

奥さん曰く
「待ってるわよ~」
「・・・・・・・」

「壊れろ光線」出していないか?

|

« HDD+DVDレコーダ検討中! | Main | Anders Persson再び »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

この家電10年説はおそらく本当でしょうね。10年ぐらいにしておかないと、これ以上長ければ買い替えが進まないし、短ければ、すぐ壊れると評判が立つ。

それから商法では生産中止後7年間は保守部品の供給、サポートを規定していますので、3年で生産中止にして、7年サポートで10年という説もありますよ。(ただ現実としては3年間も同じ製品を作り続けるなんていう家電はありませんが。)

工業製品も大体10年でしょうね。

Posted by: はしもと | 2004.06.30 at 07:09 PM

>3年で生産中止にして、7年サポートで10年という説
なんだか、とっても信憑性の高い説だなぁ。納得してしまった・・・。 でも、サポートで7年という事は、基本的には「最大で7年しか想定していない」ということなんですよね。

10年もちゃ良いほうか。

しっかし、昨夜はついにどうやってもCDが動かなくなったため、ポータブルを接続して延命措置を施したが、「音質が低下する」「リモコンが使えない」という副作用もあって自体は急速に悪化している。

HDD+DVDレコーダの前にステレオかな?

でも、今なかなかコンパクトなCD+FM+アンプの単体って売っていないんだよねぇ。

Posted by: osapooh | 2004.07.01 at 12:47 PM

オーディオは出来れば車一台分くらいかけるとすっごくシアワセになれますが・・・。(軽くらいでも)
取り合えずコンパクトにということならBOSEが音場感を良く出していると思われますね。一体型だし。
でもHDD/DVD是非買ってみましょうよう!!実地モニターお願いしますよう。(虫が相当に良いねTODOSは)

Posted by: TODOS | 2004.07.01 at 01:18 PM

BOSEねぇ・・・。

スピーカーはBOSEなんですよ。初期のウエストボロウシリーズ121だっけな? でも、ウエストボロウシリーズの一体型レシーバーはうちにはオーバースペックの予算オーバーですね(^^ゞ

ちょっと他を探そう(笑)

Posted by: osapooh | 2004.07.01 at 02:26 PM

そうそう、osapooh家は、

「いつかはバングアンドオルフェン」

なんです。

Posted by: osapooh | 2004.07.01 at 02:28 PM

北欧系が好きですねぃ・・・。(笑)

B&Oは格好良い。我が家は室内の作りがB&Oに
向いてない(?)んで、JBLの冷蔵庫(?)です。
由緒正しきJAZZ喫茶を目指して、でも禁煙だけど。

Posted by: TODOS | 2004.07.01 at 11:22 PM

実は義父が北欧家具の輸入をやっていたりするので、ものが家にあったり触れる機会が多いのですけど、北欧系は好きですねぇ。

デザインが秀逸だって事もあるけど、製品に対するポリシーが「消費」が前提にないという点で、日本やアメリカと全然違う気がします。

Posted by: osapooh | 2004.07.02 at 10:33 AM

消費と言うより浪費を誘うアメリカン・マーケティング手法はあきませんなぁ。どっかの業界も加担してる?ってか・・・。m(_ _;)m ゴメン!!

純粋に良いと信じるモノを作って成り立つ企業の数が少な過ぎるのかな?昔 Small if Beautiful って標語を掲げた企業もあったけど・・・。

マスを狙わない企業戦略の会社でじっくり定年まで働きたい、って思うのは贅沢なのだろうか?

アメリカにもアーミッシュと言う人達が居ます。浪費社会とは隔絶した生活を営み、彼らが作る「キルト」は逸品だそうです。

ちと、話がややこしい方向に行っちゃったかな?スンマソン

Posted by: TODOS | 2004.07.02 at 04:55 PM

>どっかの業界も加担してる?ってか・・・。
ははは(^^ゞ うちでッか?

確かにそうです。
一時期嫌になったこともありましたよ、自分のいる業界が・・・・。 企業なんて勝手ですから、自分のところのマイナスのこととか、解決されていない問題とか、新たにお引き起こす問題の可能性とか、そういったことを隠さないまでも、「聞かれなきゃ言わない」「書かないといけないときには、わざと小さな字で読みずらいところに書いておく」なんて事をして、いかに見てくれだけを良くしておくのは日常茶飯事。 

消費者第一といいながら、肝心な事についてはわかりずらくしておくんですよね。--確かに「荷担」はしていましたな(笑)

だからねぇ、賢い消費者にならないといけないんです。
たとえば、環境に悪い商品を好んで買って、本当に環境が壊れたらそれは消費者の自己責任なんです。壊れてから「どうしてこんなものを作ったんだ!」とあとから企業を責めても遅いし、使ったのは消費者なんです。 だから環境に悪い商品があったら、それを買って環境を壊すのに荷担するのではなく「買わずにそれを作っている会社が壊れるように」しなくてはいけないんです。

皆さん!来週は選挙に行きましょう・・・。

って、なんのこっちゃ(爆)

Posted by: osapooh | 2004.07.05 at 11:36 AM

しかし、上の記事は休日に新しい家電を買って喜んでいる奴の言葉とは思えないな(爆)

Posted by: osapooh | 2004.07.05 at 11:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3226/871172

Listed below are links to weblogs that reference 家電寿命10年説:

« HDD+DVDレコーダ検討中! | Main | Anders Persson再び »