« July 2005 | Main | September 2005 »

August 2005

トリックアート

050830_11530001.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

昨夜の宿泊地

050830_08150001.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レゴランド

050829_14420001.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

携帯買い替えた

今までボーダフォンだったのだが、いろいろあってauに換えた。

まだ使い方がいまいちよくわからんが、とりあえず新しいケータイからブログにはアップできるようにした。
めちゃくちゃカメラがきれいになった。すごい!

ほとんどデジカメと同レベル。

私の友人の皆様には、順次新しい携帯番号&アドレスをご連絡いたします。
が、明日からしばし旅行に行ってしまうのでご連絡自体は少々遅れます。
別に無視しているとか、冷たくしているとか、大切に思っていないとかではありませんのでご理解頂ければと思います。

さらに言うならば、機能が多すぎていまいち使い方がよくわからないという事もあります。

ちなみに、旧携帯も9月いっぱいはそのまま生きていますのでご安心ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

必見のジャズ関連サイト

見つけた(^.^)

採譜分析
実は中国語のサイトなのだが、何となく読んでみると何となく解るのが面白い。
内容も、とってもしっかりしている(のだとおもう。何せ、中国語がわからないので正確に何が書かれているのかが解らないのだ)

特に、このページの06番OLEOなどを見てみると、まず、楽曲の解説(リズムチェンジ)についてしたあとに、マイルス、ソニーロリンズ、ホレスシルバーらのソロを採譜してそれぞれ(比べながら?)細かく説明している。

ちょっと抜粋してみると、

我個人覺得在這首曲子中Miles、Sonny跟Horace的即興,正是「簡單卻有效」的詮釋法之最佳證明!沒有數十種音階、沒有大量複節奏,但是卻「搖擺得像地獄一樣!」(Swing like hell ! ;爵士樂手常講的話,搖擺得很道地、過癮之意),不信您聽Miles的進場,根本就是兒歌的旋律,他的即興偏重於調性聲響,所以各位可以很清楚地聽到整段A1、A2及A3幾乎完全就是降B大調音階,而第二個Chorus則強調降B小調藍調音階,十分地清楚。而在五度循環的B段,第一個Chorus他先用了一種「跑到外面」的手法,於D7的聲響上產生Db7的旋律,雖然也可以說有一些Altered Scale的感覺,可是我仍覺得是故意「Play Outside」,這種差半音的處理手法有一個專有名詞叫「Side Slipping」或「Side Stepping」,用的時機恰當的話真的會使人精神一振,稍後Sonny Rollins也示範了一個,不過要用得對喔!不能老是彈不對結果說自己是「Play Outside」,那就糗了 !

ということになる。何のこっちゃ(^_^;)とおもうが、注意してみると下線部分は、どうやらD7の時にDb7の音を使うことによってオルタードスケール的な感覚でわざとアウトして演奏している・・・・。みたいなことが書いてあると想像できる。

また、「藍調音階」はブルーノートスケールのことなのかぁ・・・。などと思ったり・・・。

と、何となく単純に面白いでしょ(^_^;
え?楽しくない?

それから、もう一つ。

キースジャレットのトランスクリプションを集めたこのサイト
これはフランス語(爆)
ドメインがcaだから、カナダかな?

キースジャレットは、ケルンコンサートのコピー譜以外には楽譜はほとんど出ていないのでキース好きにはたまらんと思う。って、見つけたときには僕自身、かなり驚いた。

どちらも、作者の熱意に感謝です!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大当たり!

050827_1611.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学校行事

050827_1550.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高校時代の親友と再開^^

台風一過の蒸し暑くなり始めた今日、仕事の相談で高校時代の親友を訪ねた。

僕は中学まで北海道に住んでいて、なぜか高校から東京に引っ越すことになった。 今までの友人が引っ越しによって全取っ替えになってしまった僕が、3年間ずっと一緒に過ごしたのが彼だ。 ホントにあほみたいな事をいいことから悪いことまで、毎日のようにしていたのだ。 いつもつるんでいた仲間は彼をはじめとして数人いたのだが、その中でも彼はキャラクターやエンターテイメント関連には当時からとても感度が強く、僕らの中でもオピニオンリーダー的な存在だったのだ。 その後もそれに近いことを本業にしていて、実は最近独立していたのだった。

今回も、久しぶりなのにもかかわらず昔の気安さから、「相談にのってほしい」と相当ずーずーしくも連絡を取ったところ、快く受け入れてくれたのだった。 とってもありがたく、感謝感謝なのだ。

でいろいろと話をしていると、やっぱりその分野の最前線でやっている人というのは違うもので、もうめちゃくちゃ面白く役に立つ話をしてくれた。 僕のスケジュールの都合上、1時間程度しか話はできなかったのだが、あっという間にすぎてしまい、あとの予定をキャンセルしたくなるくらいだった。

本当に久しぶりにわくわくするようなエネルギーをもらってしまった(笑)
僕はしばらくはその分野を追っかけるつもりをしているので、彼との付き合いも増えていくかも知れない。(マイミクにもなってしまったし・・・)
っていうか、仕事でも追っかけるのであるが、プライベートでも追っかけてみたくなった(笑)

02cb

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Spellbound


Spellbound [FROM US] [IMPORT] Joe Sample

先日のライブでジョーサンプルを十数年ぶりに弾いてしまったので、なんだか買ってみた。
最近のかなぁ?と思っていたけど結構前で、1989年の作品。

純粋にかっこいい。

ジョーサンプルをいくつか引っ張り出して聞いてみたが、おかげでローズがほしくなった(爆)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

薬指の標本


薬指の標本 新潮文庫 小川 洋子 (著)

友人から紹介されて読んでみた。
短編が2作品。
どちらも、秀作。
ちょっとホラーの香りのするファンタジーと言った感じでしょうか。

仮に筒井康隆が同じテーマで書くと、きっと人間の内面にひそむおどろおどろしさとか陰湿さとか葛藤がもっと前面に出てくるだろうと思うのだが、そこは女性らしい優しさにくるまって上質なファンタジーになっている。 男には書けなさそうな世界観を感じた。

「博士の愛した数式」
と言うのも面白いらしい。

見つけたら読んでみよう。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ER-X 最終回

今回も、「何でそれで最終回なんだよ!」と言う波乱含みの終わり方。
シーズンXIが待ち遠しい・・・・。来年の4月か。

相変わらずの波乱のシーズンであったのう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホントは飲み会じゃなくて打ち合わせ

だったんだよね(笑)19日は・・・。

hさんとこしゃんのりちゃんと打ち合わせ。
一応は、打ち合わせをしつつ結構飲んだらしくて、帰りは東京駅発の始発に座って気がついたら横浜駅だった。
あぶねぇ~。 お二人から、「無事帰れた?」メールをもらっていたのだが、危うくリビングで寝てしまうような有様だったので、返事を出しそびれてしまった。 ごめんね・・・。

みんなのキャラに負けないように飲んだのが効いたらしい(爆)☆α==(・・#)パーンチ

10/22については、当日のタイムテーブルを一度作ってみて、足りないところと決めなくてはいけないところを考え、再度打ち合わせに望めばいいか。

そう、結局はまた飲まなくてはいけない(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

飲み会

幸せのお手伝いは楽しい。呑むのが楽しいという訳ではない(^_^;050819_2202.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キムカツ

キムタクではなくキムカツ
最近話題のトンカツ屋。いつも行列していて、ランチタイムには60分近く並ばないと入れない。
仕事が詰まっていない時期だからこそ行ってみた。

確かに行列。若いカップルがおおい。ランチデートのコースか(^.^)
とりあえず定番であろう「プレーン」というものを発注。
で、食した感想。

ふーーん。そりゃ柔らかいけどさ、スライスした肉を丸め直して揚げているんだから柔らかいの当たり前でしょう。

ってな感じで、正直この程度でなぜ話題になるのかがわからない。
なぜ普通の定食レベルで2,000円(キムカツプレーン\1,480、ご飯セット\450)近くもするのかがわからない。

同じ金額を出したら、もっと美味しいトンカツが食べられる。
値段は忘れたが恵比寿近辺なら代官山のぽん太の方がダントツだと思う。

050818_1518.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

プール

16日は、いきなり会社を休む。
どうせ会社にいても開店休業だし・・・。

で、休んだはいいが天気は朝から雨。晴れていたらプールに行こうと思っていたのだが、これじゃぁしかたがない。

と、室内プールに行った。
行ったのは、新横浜の日産ウォーターパーク

どこにあるのかと言えば、新横浜日産スタジアム(サッカー場ね)の下にある。折しも、緊張高まるイラン戦の前日。 日本代表がウォーミングアップをしているまさにその下では、僕ら家族は室内プールで流されていたり、ウォータースライダーに乗ったり、ジャグジーに入っていたりしたのだ。ハハ(^.^)

到着した時にはかなりの込みようで入場制限をしており90分待ち。ちょうどお昼時と重なって交替で食事をしつつ待っているうちに入場となった。 途中、地震のニュースを館内のテレビでやっていたが、なぜか全く気がつかなかった。 ちょうど地震のあった時刻には、ここの駐車場にいたか、プールに向かって歩いていたかなのだが、並んでいる間だれからも「さっきの地震」のことについて話題が出なかった。 もしかして、新横浜はとっても揺れにくい地域なのか?それともスタジアムというのは構造的に揺れに強いのか?

で、安くて良いのだよここ。 

13歳以上1時間500円延長30分ごとに200円。
13歳以下だと1時間250円延長30分ごとに100円。

と言う財布にやさしいお値段のうえに、設備は充実しておりきれい。しかも、一人一人にコッカーが割り当てられており、ロッカーの数以上の人間は中に入れないので、一定以上混みすぎると言うこともない。 しかも自宅から車で15-20分程度という近さは魅力。

たっぷり遊んで夕方帰宅。
夜は子供と一緒の時間に撃沈してしまった。

また来ようっと。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

二本立て

昨夜はお子様向きの映画の後で、自宅ビデオ。

実は、光ファイバーを利用したオンデマンドサービスに入っているので、TUTAYAに借りに行かなくてもある程度のものは見ることができる。 なかなか便利なのだが、時折回線速度が落ちてコマ落ちするのが難点。

で見たのだが、キャラの設定とか(主人公のドライバーが女性になっていたり、プジョーがフォードになっていたりと変更はあるのだが基本的には同じ)、二人のやりとりとか、最後のオチとかが全く同じで「あれ~」状態。 いくらリメイクと言ったって、そのまんまスライドしたみたいでなんだか物足りない感が残ってしまったのは否めない。 本家の方が荒唐無稽さが立っていて良かったなぁ(^^ゞ


TAXI NY〈特別編〉

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マダガスカル

夏休み映画。 子供達をつれて見に行ってきた。
もちろん吹き替え版。 子供達を連れて行ったのは、ディープブルー以来かな。

いつも思うのだが、CGって本物よりも綺麗なのでは無かろうか。今回も、海とか砂の色がとても綺麗。

映画のストーリーは子供向き故にたいしたことはないが、安心してみていられるし飽きることもなかった。
時折出てくるギャグには、息子はバカ受け。娘もかわいいキャラを見て「かわいいね」などと耳元でささやいてくれた。 大人的には、時折出てくる昔の映画のパロディーが楽しい。 今回も某作品(クリックするとネタバレ)の一シーンがあったり、せりふの中にパロディーがあったりと面白うございました。

050814_1926.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (1)

まくら

なんか知らんが、今朝はいつも起きる時間に目が覚めてしまった。
子供たちはまだねているので、家の中はしーんとしていてなかなかよろしい。これ起き始めると、あっという間に動物園にいるみたいになる。

んで、ごろごろしていたから枕の話を書くわけではない。

落語の導入部分のこと。

本当なら、DVDなり寄席に行くなりして聴く方がよいのだが、文章からその口調とか間とかを想像しながら読んでいると、というか、読んでいるだけでその様子が浮かんでくるんですよ。


ま・く・ら 講談社文庫 柳家 小三治 (著)

寄席にでも行きなくなっちゃった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏休み!!

なので、木曜日の夜から奥さんの実家の大磯へ。

天気が悪いとの予報だったが、なんのなんの、しっかりと金曜日はプール三昧でした(^.^)
婿殿としては、何もすることがなくビールを飲んではごろんとして、風呂に入ってはごろんとして、テレビを見てはビールを飲んでという、全くぐーたら義理息子なのだが、あまりいろいろと家事手伝いをしても変だし、することといえばパソコンの解らないところ相談くらい。

で、ごろごろしたまましばし過ごし、先ほど帰宅。
道もまだ大してこんでおらず、楽勝コース。

さて、またビールを飲んでごろんとするか(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

涼しい献血

050811_1217.jpg

僕的に久々のヒット!

蝉の鳴きわめく炎天下。
「いやぁ、暑いねぇ~」
「ホントそうですね。今年の夏はまた格別に暑いですね」
「そういや、夏の予定は?」
「いやいや、貧乏暇無しで・・・・。ガキどもを近所のプールに連れて行くらいですわ」
「そっかぁ、うちの坊主どもは今年受験で旅行どころじゃなくてねぇ・・・」
「それは大変ですね」
「土日も塾に行っているからあいつは大変なんだが、お父さんとしてはかえって家でのんびりできていいのかもしれないなぁ」
「なるほど。うちも一緒に遊びに行くのもいつまでですかねぇ」
「どうだい、どこかでキュッと冷たいもんでも・・・」
「いいっすねぇ。おやぁ、ちょうどそこに涼しげな献血が・・・・」

んなことないって。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

何でも食べる、さすがのシーナさん


全日本食えば食える図鑑 椎名 誠 (著)


会社に来ても夏休み気分。月曜日に一つ山を越えたので、少々腑抜けているし、差し迫った大きな仕事がないので緊張感もなかったりする(笑) まぁ、いいか(笑)

というとこで、久しぶりのシーナさん。

「食えばわかる」でもなく、「隠れた旨い物」でもない。 そう、あくまで「食えば食える」のだ。 と言うことは食わなくていけないという物でもないし、進んで食うべき物というわけでもないと言うのが、この本のみそ。 

あーそうですか、貴方が食べているのであれば私も食べます。 なんだって栄養のない物はなくて、それを食べるに至ったその社会的な背景を鑑みれば、食べ物としてこの世に存在して食べる人がいる以上、それは食べなくてはいけません。ええたべますとも。 わしわしと食べて見せますとも。 と、いったようなシーナ文体を楽しみつつ、僕には食べれないなぁ、こんな仕事が来てしまったら(来るわけがないが)困るなぁ、と思いながらサラリーマンが少なくなってきた通勤電車の中の時間は過ぎていくのであった。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

懐かしかっこよい


Overtime [FROM US] [IMPORT] Lee Ritenour

同タイトルのDVDからの抜粋。本当はDVDがほしかったのだが、何せ高いんだもん(笑)
CDで我慢ですわ(^^ゞ 前半の4ビート系はまぁ最近のサウンドだから想定内として、やっぱり後半のフュージョンリユニオン版が僕的には血湧き肉躍りますなぁ。

Is it youが最後に入っているのだが、相変わらず良い曲。
実はこの曲、うちの奥さんが昔聞いて「良い曲だなぁ」と思っていたのだが、誰が演奏しているのかがずーっとわからなかったらしい。で、半年ほど前に僕が「Rit」を借りてきて聞いていたら、「あーーー、これってリーリトナーだったの?」と言うことで20年ぶりくらいに演奏している人がわかったという曲。 

好きな曲なんだけど誰がやっているのかがわからないって、たまにあるよね(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

なんだ?


シベリア超特急 劇場公開完全版

評価不能。
何なのだろう、この映画は・・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ブルースブラザース2000


ブルース・ブラザース2000

見た。
何せ出演ミュージシャンが豪華だった。

ブルースロック系のミュージシャンが出ているのは、おおすごいすごいという感じだったが、なぜかジャックディジョネットやジョシュアレッドマンまでが出ていたのには驚いた(^.^)。 ディジョネットがBBキングやクラプトン、スティーブウインウッドらと、べたべたのブルースをたたいているんだよ。

ストーリーは、まぁどうでもいいか。これだけミュージシャンが豪華だったら(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

みんなが気持ちいいと僕も気持ちいい

ライブっ!でした。

最高に気持ちよかった。

一つつっかえ棒がとれたような感じ。

ひねったスタンダード。
ひねらないスタンダード。
ポップスのアレンジ。
最近のミュージシャンたちのオリジナル。
そんでもってフュージョンの16ビート。
なんだか、今までやりたいと思い描いていたものがバランスよく入り交じっていてたのに加えて、自由な部分と決めていることの対比が自由度をさらに広げてくれる。

それにしてもそういった状況になれたのは、前回から今回まで時間の中でいろいろと考えてきたバンドのみんなのおかげだ。 さらに、前回からMegどんが入ってくれて音楽の幅がぐっと広がったのも大きい。彼女のわがままは僕らを刺激してくれる。
感謝感謝!

さらに、息子さんと一緒に来てくれたyukapy。来てくれてありがとう。昨日「今日ははじけているね」といってくれたので、この路線でいいんだと安心して突き進めることができた。いつもアドバイスをありがとう。そうそう、コータ君はドラムに興味津々だったね。
飛び入りしてくれたジョージ君。かっこいいピアノだった。僕はひねくれピアノだから正統派なピアノはできなかったりするので、ちょっとうらやましかった。
福井さん。福井さんとのプロジェクトもきちんと進めていきましょうね。
久しぶりに元気な顔を見せてくれたやぎゅやぎゅも、ありがとう。

そのほか、聞きに来てくれた皆様にありがとうございました。
次回は9月9日(金)でございます。またのお越しをお待ちしています(^.^)

でも昨日の演奏で、実は僕のピアノのルーツはハンコックではなくてジョーサンプルだったことがばれてしまったかもしれない(^_^;

| | Comments (7) | TrackBack (2)

今日はライブっ!

なんだか今週も怒濤の一週間なのだ。

月曜日 健康診断 バリウムを飲む・ひたすら残業
火曜日 資料作り 深夜帰宅
水曜日 リハ    昼休みに譜面清書(^^ゞ
木曜日 資料作り 深夜帰宅 1時に家について、それからちょこっとピアノを弾いておこうと思ったら2時30分になった

んで今日の金曜日がライブっ!なのだ。

昨日の夜に先んじて企画書を上げちゃったから、今日は早くに出られるんだもんねぇ。

忙しいけど、とっても充実しているなぁ。

050804_0849.jpg
↑娘の書いた僕(^.^)
ちゃんと髭がある。胸にはハートっ!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

宝くじ

とりあえず、買わなきゃ当たらない。
050801_1239.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »