« ER-X 最終回 | Main | Spellbound »

薬指の標本


薬指の標本 新潮文庫 小川 洋子 (著)

友人から紹介されて読んでみた。
短編が2作品。
どちらも、秀作。
ちょっとホラーの香りのするファンタジーと言った感じでしょうか。

仮に筒井康隆が同じテーマで書くと、きっと人間の内面にひそむおどろおどろしさとか陰湿さとか葛藤がもっと前面に出てくるだろうと思うのだが、そこは女性らしい優しさにくるまって上質なファンタジーになっている。 男には書けなさそうな世界観を感じた。

「博士の愛した数式」
と言うのも面白いらしい。

見つけたら読んでみよう。

|

« ER-X 最終回 | Main | Spellbound »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

ああ,この人博士の愛した数式の人ね,と思ってたら下に書いてあったね!
「博士の愛した数式」さくさくよめます
とてもよい本だと思う
ちょっとじんわりきちゃって実は仕事中に読みふけったのですが・・・思わずポロリ。

Posted by: meg | 2005.08.25 at 11:16 AM

なんと、読みたいと思っていた本を読んでいたのね!
もし、単行本を持っていたら貸してはくれまいか。

これ、文庫になってないんだよねぇ。

Posted by: osapooh | 2005.08.25 at 10:31 PM

あーごめん。
これ前の職場においてきてしまった・・・のだ

Posted by: meg | 2005.08.28 at 10:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3226/5615986

Listed below are links to weblogs that reference 薬指の標本:

« ER-X 最終回 | Main | Spellbound »