« まとめ書き | Main | 続・東京大学の・・・・。 »

東京大学のアルバート・アイラー

大阪在住のマイミク・サキソフォン奏者のERさんがブログで「これはすごい!」と書かれていたので、即座に入手し今読んでいる。

「こいつはめっちゃ面白い読み物!」
と僕もお奨めを書いておこう。

最初本屋で手に取ったときには、「なんだか普通のことを小難しく書くやつだな・・」くらいにしか思っていなかったのだが、読んでみると、(確かにわざわざ小難しくしているところはあるのだが)内容は、ユニークで「ほぉ~」てな感じで思わずニヤリとしてしまう。

是非読んで欲しいのだが、ハンコックのドルフィンダンスあたりの「モーダルコーダル」な話や、「モーダルコーダル」あたりのジャズはバークリーメソッドでは理論体系化されておらず(やっぱりそうだったのか!!!)、その辺からバークリーメソッドはジャズとは袂を分かち、ポップミュージックをソフィスケイトしていく物になっている・・・みたいなくだりは爽快感さえある。

実は、mixiで音楽理論があーだこーだ、スケールがあーだこーだ、LCCがあーだこーだと論じているコミュニティーーがある。 みんなとっても詳しくてごもっともなのだが、一方で「理論知らないとジャズ弾けない」とか「理論苦手なんです」といった理論に対する罪悪感みたいな物を持っている人もいたりと、音楽やったりジャズやったりする上での理論のポジションってなんなのだろう・・・なんて事を思っていたのだ。

ここでは、ロジックを推し進めていくと、ロジックへのアンチテーゼが誘発されオルタナティブとして本人の感性次第と言う領域を経て、終いには精神世界とか宇宙空間にいってしまう事を歴史的に説明してくれている。(笑)

自分なりのスタンスをどのように持つかという意味でも、なかなか面白い読み物だと思う。
マイルスのマイファニーバレンタイン(ライブの方ね)みたいな演奏をしようとして理論を学んでも、回答はないって事だよ。


東京大学のアルバート・アイラー―東大ジャズ講義録・歴史編
菊地 成孔 (著), 大谷 能生 (著)

ちなみに、「憂鬱と官能を教えた学校」も衝動的に発注してしまった。

|

« まとめ書き | Main | 続・東京大学の・・・・。 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

Comments

トラバありがとうございました。ERでございます。
早速のレビュー、拝読いたしました。なるほど、読み手が変われば目に付く箇所も違うんだなあと妙に感心してしまいました。
確かに「ドルフィンダンス」のくだりは「だよねー!」と思いましたです。
「理論」というのはあくまで音楽を分析してそれを再現するために生まれたもので、理論から音楽ができているわけではない。歴史的観点からジャズを俯瞰すると、実はそのことがくっきりと見えてくる・・・そんな感じがしますね。

因みに私も「憂鬱と官能」、買いました。こちらにとりかかるのはちょっと先になりそうです(^_^;)。

Posted by: ER | 2006.01.12 at 12:32 PM

どもです。

でも理論をちょっとかじると、理論から音楽を作ろうとする傾向がありますね。 「憂鬱と・・」をちょっと立ち読みしたときには、彼はそれを「バークリーメソッド症候群」と呼んでいた(笑)

到着が楽しみ!

Posted by: osapooh | 2006.01.12 at 08:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3226/8123942

Listed below are links to weblogs that reference 東京大学のアルバート・アイラー:

» 東京大学のアルバート・アイラー [SAX吹きの休日]
「東京大学のアルバート・アイラー〜東大ジャズ講義録・歴史編」菊地成孔 大谷能生著 [Read More]

Tracked on 2006.01.12 at 12:26 PM

» 『東京大学のアルバートアイラー』著:菊地成孔+大谷能生 出版:メディア総合研究 [kumac's Jazz]
 まず、本の名前が気になる。何故、東京大学でアルバート・アイラーなの?である。哲学書なの?って思うけれど、音楽関係の本棚に置いてある。本当にジャズの本なのかも、疑心暗鬼だ。  この本は、ジャズという音楽を一つの文化としてとらえ、純粋に音楽的な特性を抽出する作... [Read More]

Tracked on 2006.01.21 at 08:50 AM

« まとめ書き | Main | 続・東京大学の・・・・。 »