« June 2006 | Main | August 2006 »

July 2006

自分で考えない人

おじさんになったせいか、そんな人が増えている気がしてならない。

某SNSでもそう。
音楽系のコミュニで交わされているコメント。

「お奨めのアルバムは何ですか?」
「いいアルバムありませんか?」
「何から聴けばよいですか」
「よい先生を紹介してください」
「××ができません。どうすればよいか教えてください」
「お奨めの楽譜を教えてください」
「よい先生はどういう風に探せばよいですか」
「おすすめの理論書は?」
「イントロが弾けません。どうすれば・・」
「耳コピはどうやって・・・」
「アドリブができません。悩んでいます」

そんなのばっかりなので、音楽系のコミュは殆ど止めてしまった。
回答する方も結構いい加減で、「おいおい、それは無責任だろ」というのもある。

なぜ、自分で考えないのか?

演奏って決して受け身ではあり得ない。
自分で考えて自分で判断して自分で表現するものなのだ。
自分がどう考えるのか?どう感じているのか?どうしたいのか?が大切なのだ。
もちろん自分自身で結論を出すまでにはいろんなアドバイスや教えを請うことも参考にはなる。

でも、まずは自分で考えるべきだろう。
自分で探してみるべきだろう。
自分で調べてみるべきだろう。
自分でやってみるべきだろう。
大体のことは、それで次のステップに進めるはずだ。

あまりに容易に回答を外に求めすぎる気がしてならない。

「えー考えてますよ。考えても解らないから聞いているんです」

あのさ、ちゃんと考えていたらそんな聞き方にならないし、そんなこと聞かないって。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

えのすい

えのすい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夜中のセッション

夜中のセッション

やっぱりただでは済まなかった(*^ー^)ノ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

セッション前ビール

セッション前ビール

今日は直帰なのでいつもより長く呑んでおります♪(*'-^)-☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日ジャムセッションです!!

ピアノ弾くの久しぶりだぁ~!!!!
(情けない・・・)

お待ち申し上げております。

■7/28(金) 関内・日之出町「ラフアンドスティング」 20:00~
おさっぷ(p)、水澤直人(b)
恒例の金曜ジャムセッション!

このところ、ラフに行くとただではすまない。
この数ヶ月間電車で帰ったことがない。
もらったギャラを家まで持っていたためしがない。
(ふん、宵越しの金は持たない主義なのさ)
翌朝眠い。

うーん。良いのか悪いのか。

楽しいからいっか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本日の衝動買い

朝一で東銀座に行く。

ついでに久しぶりに山野による。思わず買ってしまった本2冊

大きく重たい(爆)
Weather
JOE ZAWINUL on the creative process―ウェザー・リポートの真実 (単行本)
山下 邦彦

なんだ解らないけど、いっぱい楽譜が載っていてその楽譜の解説があって、インタビューなんかが載っている。
高い!と思ったけど、なぜか買わなくていけないような気がして給料日直後のこともあり買ってしまった。

ちょろっと立ち読みしたところによると「ブラックマーケット」で、なぜザビヌルはキーボードの音列を反転させて弾いているのかとか、それによって生まれたスケール・メロディーとは?みたいな事が書いてありそう。(←まだ読んでいないので、あくまで「ありそう・・」なのね)


ジャズピアノコレクション キースジャレット (楽譜)

これも見つけて買わなくてはいけないような気がして買ってしまった。
I Loves You, Porgyを始めとする好きな曲達がいっぱいはいっている。一つ一つキースのボイシングを確認するにはうってつけだ。キースの譜面ってケルンコンサート以外ほとんど無いから貴重なんだよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

著作権侵害について

新聞にyahoo知恵袋のことがのっていた。
誰かが質問をすると誰かが答えてくれるという、一種のコミュニティだ。

それを何とはなしに見ていたらこんなの質問があった。

>ジャズに限らず、コンサートなどで、オリジニナル曲の作曲者の許可なしに演奏し、アドリブをつけた場合、オリジナルの作曲者は著作権侵害として、アドリブまで含めて侵害を訴えることができますか?

回答が「なるほど・・・」と思いつつなんか納得がいかないものだった。

詳しくはリンク先を見てもらいたいのだが、「演奏権」と「著作者人格権」の二つを侵すことになるので訴えることができる、というのが回答の趣旨だ。 行列のできる法律相談みたいなところで是非弁護士同士で争ってみて欲しいものなのだが、「法律通り」に解釈するとそうなんだろうね。

しかし、盗作する意志のある盗作であるならばそれは許される物ではないけど、ジャズにおけるアドリブやモチーフを借りての曲作り、アレンジメント、リハーモナイズなどは、ジャズをジャズたらしめている文化の一つである。 原曲の香りが残っていてもいいし、別に残っていなくったってよい。 「オリジナルと全然違うけどかっこいいね」なんて言葉は、アレンジャーの着眼点やアイディアが評価された最高の褒め言葉だ。

これから、原曲とは全く違ったアレンジやリハモをするときには、リハモの快感兼違法行為のスリルの両方を味わいながら演奏することにしよう(爆)

| | Comments (44) | TrackBack (0)

テレビCMの崩壊


テレビCM崩壊 マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2.0

昨日の夜届いた。
まだ読んでいないのだが、なんだかとっても流行りそうな本。

そうなのさ、CMって今や飛ばされるものの代表。
CMは名前の認知が取れれば御の字のプロモーションメディアでしかないのさ。
あんなに大金をかけてブランドの名前すら覚えてもらえないときがある、って事に気づいていてもやめられない業界体質こそが、その土壌を作り出していて自らも抜け出せない構造になっている。 既得権益を捨てるのは誰もが難しい。でも、既得権益にしがみついていては自ら死を招いてしまう。
この提言の中にはいくつか次世代のコミュニケーションがのっているのだけど、もちろんこの中のいくつかはすぐに死に絶えてしまうと思う。でも、歴史はきっと過去には戻らないのだから過去は過去として捨て去っていくしかない。

どんどん行こう(笑)

って、自分には言い聞かせるんだけど、行けば行くほど大変になるんだよなぁ・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

乙一


ZOO〈1〉 (文庫)
乙一


平面いぬ。 (文庫)
乙一

うーん。
何とはなしに手にとって読んでみたら、すっごく面白い。
どれもが枠に入りきっていない。 しかも、エネルギーやスピード感もあって、なんだこりゃとどの短編も話の中に見事に引きずり込まれてしまった。

しばらくはまりそうな作家だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

変なDVD

近所の本屋のワゴンの中で発見。

「アートブレーキーとジャズメッセンジャーズ」と大きく書かれている。
それだけだと、まぁ普通のDVDなのだが、なぜかカップリングはなぜかマイクマイニエリ。
060712_01210001
おいおい、それってどういう取り合わせなんだよ!と思わずすっこみたくなる取り合わせなのだ。

ジャズメッセンジャーズの方は、マルサリスなんかが入っていて、いわゆる往年のステージって感じ。
一方で、マイクマイニエリの方は、ウオーレンバーンハートやエディゴメス、オマーハキム、ボブミンッツアーといったフュージョンマニアにはたまらない組み合わせ。曲のタイトルを見ると、サラズタッチなんかも入っているようで、「おお、サラズタッチの映像を見られるなんて・・・」と思いつつ、お値段980円に惹かれてとりあえず買ってみた。

060712_01210002

したら、期待のサラズタッチは入っておらず、どうやら曲名のミス・・・・・。
画像の方も、どうやらテレビ用に撮影した物であまり綺麗ではない。
何じゃそりゃ・・・と思いつつ、「まぁ、珍しい物だし、980円だからいいか」と思うことにした。

しっかし、映像の権利とかってちゃんとなっている物なのかねぇ。
おんなしワゴンの中に、ケニードリューとペデルセンというのもあったけど、そっちも買っておけば良かったかな。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

ソニーポイントがあたる!!!!!

というキャンペーンです。

でも、仕組みが面白い。
このブログを読んで、読んだ人が応募をして、読んだ人があたったら、なんと僕にもあたる!!!というキャンペーン。

VAIOでボーナス! ダブルチャンスキャンペーン

是非応募してみてくだされ~。

ちなみに、僕自身はこのバナーからは応募はできない(T_T)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

映画その2

映画館で、いくつかパンフレットを貰ってきたのだが、韓国映画のイルマーレがハリウッドでリメイクされる。

タイトルは「The lake house」でも、イルマーレというタイトルがつく。
主演は、スピードのキアヌリーブスとサンドラブロックのコンビ。


ほおおおおおお。どんななるんだろうねぇ。と思いつつ、オリジナル版をみたくなった。

で、みた(^^ゞ
たまたま数週間前にBSでやっていたので録画してあったのだ。


イルマーレ

うーん。何度みてもすばらしい・・・・。

このもどかしさというか、せつなさ、っていうのはハリウッドは表現できるのだろうか・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

三連休初日

あっつい~。

天気が良いので普通なら外とで遊びたくなるのだが、こう暑いとインドアに限る。

ということで、子供達と映画を見に行く。

みたのは「カーズ」。

映像がすっごおおおおおおおいぞ。驚愕の美しさとスピード感。
これは大画面で見るのは必だ。 何せすばらしい。
ディテールもほれぼれする出来合。

スターが移動途中にひょんな事から田舎町に足止めを食らってしまい・・・・。と言うストリーはどっかでみたことがあったなぁと思ったら、

ドク・ハリウッド

これだった。

ドクハリウッドではドクターベンが垣根壊し、「カーズ」ではマックイーンが道路を壊して社会奉仕を言い渡される。 逃げようとするのだが、ちゃんと引き留め役とのロマンスも用意されていて、主人公がだんだんと、本当に大切な物って何だろう・・・と言うことに気がつき始める。

なんて、感じでとっても安心してみていられる映画だった。
でもちょっと子供がみるには長くて娘も息子も途中でトイレに行った・・・(-_-;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

銀河ヒッチハイク・ガイド

先々週かな?

何となく見た映画。


銀河ヒッチハイク・ガイド

とっても、おバカなSF作品。
でも、アイロニーが効いていて面白い。
面白いというか、とってもユニークだよね。

B級だけどそんじょそこらの映画より面白い。
「バス男」とか「ギャラクシークエスト」とか、そんなのが好きな人にはいいかも。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

やっとメンテナンスが終わったようだ

まったく、このniftyったら、前代未聞の48時間メンテナンスで火曜日からずっと更新もコメントもトラックバックもできない状態でした。

使っている人はメンテだって解るけど、単に読んでいる人は「月曜日から更新がないね・・・」って思っちゃうよね。

ということで、単にメンテで更新していないだけでした・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

またまたまとめ書き。

7月7日(金)

久しぶりに「ラフアンドスティング」に遊びに行く。
この日のホストは伊賀タクロウ君。
まだまだ若いのにすばらしいピアノを弾く。かつ若いだけにえらいパワフル。おじさんとしてはとっても羨ましい限りだ(笑)

で、行ってみるとベースがいない。
リエさんに聞くと照れ笑いをしながら、「哲さんがもうそろそろ来てくれる」と話してくれた。(^^ゞ
で、早速僕がピアノのメロ部分を弾いて伊賀君がベースラインを弾いたり、その逆をしたりのしばらくはベース無し変則セッション。
哲さんの登場後はいつものセッションに戻った。哲さんとは6月のライブ以来のお久しぶり。参加者は割とおなじみの方々。
ピアノのみぞこさん、TPのノッツーさん、ノッツーさんのお友達のボーカルの方、ドラムのAさんとBさん。

ノッツーさんのお友達ボーカルの方の選曲が面白かった。
特に、「これお願いして良いですか?」ともってこられたのが"Let it be"。とっても久しぶりに弾いたがとっても新鮮だった。歌声もナイス! そんなこんなで楽しい時間だったのだが、スタートが遅かったせいかセッションが終わったのが気がつくと0時。あちゃー、また電車無いじゃん。
とうも、ラフに来るといつの間にか電車がなくなる・・・。

で、どうしようかねぇ。。などと話をしていると、じゃぁ、「これからキーボードのあるお店に行って呑みなおそう!」ということになり、外に出て近くに行くと思ったら、タクシーに乗って連れて行かれたのは戸塚のお店(爆) 哲さんも拉致。
お店にはいると、確かにキーボードはある(古いコルグのエレピかな?)ドラムはハイハットとスネアくらい、後ギターやベースは壁に掛かっていた。 まぁ、とりあえず乾杯をしてしばらくご歓談の後。演奏でもしましょうか?という事になり、どうしてこんなところで演奏するのかなぁとも思いつつ、哲さんBさんと数曲。 

とっても受ける。リエさんからは「ラフでの演奏よりも良い」といわれる(爆)

これで終わって帰ったならば、まぁ、普通の出来事なのだが、この日は途中で結構いい味を出しているほろ酔いのおじさんがお店にやってきた。演奏中に、「演歌なんか出来ないよねぇ~」と言われると、こっちも「譜面があれば出来ますよ」と言ってしまったのが運の尽き。 いつの間にか歌謡曲の曲集なんぞが数冊出てきた。 となると、、昔の歌謡曲は嫌いじゃないので(笑)哲さん共々「やりましょう!」といろいろと即席のカラオケバンドいや、歌声パブと化してしまった。 「時の流れに~」とか「長崎は今日も~」とか「神田川」とか・・・後なにやったっけ? みんなで大合唱状態。 リエさんにも「男が合唱している図がすごい」と大受け。

ということで、異様な盛り上がりの中お店を出たのが3時半。家に着いたら4時という有様だった。

どうも、このところラフに行くとただではすまない・・・。

7月8日(土)

8時に起こされる。
この日は、幼稚園の「流しそうめん」の日だ。
年少さん、年中さん、年長さんに別れての実施で、年長さんは11時30分に集合。
もうちょっと寝ていたいのだが、娘が許してくれなかった。

幼稚園に着くと、グラウンドの処に竹が組んであって巨大流しそうめん場が出来ていた。

Entei

竹が一本5~6m程。それを5本ほど組み合わせて作っている。
トータル30m!
これだけでも圧巻!

この竹は、幼稚園の敷地にある物を切って園長先生&先生方&お手伝いの方が組み上げるという手作り感覚あふれるものだ。いつも思うのだが、そんなことをしてくれる幼稚園ってなかなか無いと思う。とってもすばらしい幼稚園だと思う。

で、待望の流しそうめん。さすがに一番上から流しただけでは最後まで届かないので、何カ所に別れて流していた。子供達の歓声の中、もちろん流すのは先生方。時々キャンディーが流れてくるのが可愛い(笑)
ちょうどお昼時ともあって、子供達も家で食べる以上にばくばく食べていた。

Kazutabe


この日はなんと年少から年長まで合わせて900束を茹でたそうだ。

午後帰宅。しばらくは子供達と遊んでいたが、さすがに眠く夕方までお昼寝させてもらう。

7月9日(日)

天気も悪く、奥さんがクビを寝違えてしまい遊びに出かけるような状況ではないため、家の中で過ごす。

お昼は喫茶店で食べるようなナポリタンを目指して僕が作ってみる。
一応、食べて美味しいのだが、あのギトギト感がでない。ケチャップ以外にはどうすればよいのだろう・・・。

午後は子供DVDを借りてきてくる。こっちはプロツールをいじくって遊ぶ。プロツールはオーディオを扱い始めるとデータ的にはかなりヘビーになってくるようだ。 (1ファイルで500MBとかにすぐなってしまう) PCを時々リスタートをさせるとかでキャッシュをクリアしないと、重くなりすぎて動作が鈍くなる傾向があるみたいだ。 

夜。近所の中華料理店。ここは(噂だが)中華街に本店がある店の支店らしい。
街中の中華料理店にしては、かなりいい味をしているのだ。満足。

テレビでやっていたディープブルーを見る。人ががんがん鮫に食べられていくB級スプラッター物。
頭を使いたくない日曜日の夜にぴったり(爆)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Pro tools!

だいぶ解ってきた(^.^)

今までのMIDIを引っ張り出して、読み込んで、ソフトシンセを鳴らして、サウンドファイルとしてレコーディングして、エフェクトをインサートしたりEQしたり、バスからリバーブをかけたりと、一連のスタジオ作業としての使い方が解ってきた。 

面白くて仕方がない。

で、やっぱりおまけで付いてきたシンセだけじゃぁ、早速物足りなくなって新しい物を仕入れた。
やっぱりソフトシンセなのだが、これがまた何ともお安いお値段。

ドラム音源、サンプリング系ベース音源、アナログシンセベース音源、リズムのループサンプリング、で、それぞれにインサートエフェクトがかけられて、トータルでグループ化してさらにエフェクトがかけられる。
そこまで多機能でなくても・・・という気がするのだが、まぁついている。

で、今までだったらハードウエアを一つ一つ揃え無ければいけなかったのだが、それが全部まとめて1万円を切るという価格にも驚きだ。

Drum & Bass Rig(M-Audio)
Drumbass_rig

で、「すっげえ!!!!」と、思ってはいるのだが、実はキーボードを弾いてから実際に音が出るまでに若干のタイムラグがあって、リアルタイムの演奏には使えないかぁ・・・というのがソフト音源に対しての目下の悩みどころ。

鍵盤を押してから、MIDI経由でCPUで内部処理を行ってから音が出るために、どうしてもCPUの処理速度に依存されるのだと思う。 全部をMIDIで仕上げてからソフト音源によるオーディオ化を行うとか、バックをオーディオ化してからリアルで弾いてレコーディングするとかであればよいのだけど、ソフト音源を弾きながらレコーディングや内部音源と外部音源のタイムラグはいかんともしがたいところだ。

解決する方法はないのかなぁ・・・。
PCを最速の物にするのが方法かなぁ。
そこまでの費用はまだちょっとなぁ・・・・。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

炭酸水

最近増えてきていて炭酸水好きの僕としてはとっても嬉しい。
今まではちょい高のペリエしかなかったもんね。

これは伊藤園のシイクワシャー味
Water


| | Comments (0) | TrackBack (0)

一段落~

先週から怒濤の一週間が過ぎた。

結構集中して、なんとかこなしたかなと思っていたら、最後の会議の資料で痛恨のミス。
もう、一カ所数字を打ち間違えただけで、そのパートの説明は聞いてもらえなくなった・・・。

痛いなぁ。

取り急ぎ先に進まなくてはいけなかったので、きちんと修正をしてから追って送ることで次には進めたが、いやぁ~参ったねぇ。 

かっこわるぅ~。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »