« July 2006 | Main | September 2006 »

August 2006

がんばるんだ!僕   (爆)

再来週末からはバケーションだぞ!!!!
普段は全然そんなこと思わないのだけど、怒濤の仕事量があると思わず思ってしまう・・・。

えっと、音楽関連はmixiのオムニバスCDに収録してもらう曲を仕上げました。midiデータに一回戻って、小節を削って時間をちょっと短くして、それに合わせて若干フィルインとかを変えて、音を差し替えた。

ミックスダウンがこれでいいのかどうかの判断がつかないというのが難点だな。
ヘッドホンだけでやるとろくなミックスダウンにならないといわれていたので、使っていなかったスピーカーとアンプを引っ張り出してモニターできるようにした。でも、そこらで売っている普及版のステレオの音なので、バランスとか定位とか低音の出具合とか音質とかが、それでよいのかどうかが判らないのだ。 まぁ、そもそも生音を録っているわけではないので、ひとつひとつの音がひどいと言うことはないはずだからバランスの調整だけでよい気がするのだが、基準が判らないというのやっぱり致命的だな(爆)

スタジオモニター用の専用スピーカーをやっぱり揃えないとダメなのかなぁ。

ということで、企画の主催者にはデータを送ったので、後は9月末に仕上がってくるのを待つだけと。
とりあえず、話題になってくれればいいなぁと思う。

◆mixiオムニバス アルバム名: 「mixixim」(定価1,890円税込)
 販売は手売りとどこかのショップ。

で、それ以外のライブ活動は今年の夏は7月8月と全く休止してしまった。
9月も怒濤の仕事量があるというのにまるまる一週間の休みを取る予定をしているので、そのしわ寄せが怖くて入れられる状態ではない。なので、休み直前のジャムセッション以外は入れていない。

あーーー。ピアノ弾きてえ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

バテた~

あじいよぉ。

いつもより早めに家を出る。
元同期の勤める会社に直行。セミナーの講師役。
1時間30分ずっと一人でしゃべる。
その後質疑応答。
かなりつっこんだマネジメント的な質問が来る。
気が抜けないのよねぇ。

お昼に終わってとんぼ返り。
13時からすぐに次のうち合わせ。
プロジェクトに手詰まり感がありちょっと深刻。

暑い中汗をかきかき頭を使うとつかれるねぇ。

バテたぁ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プール日和(^-^)/

プール日和(^-^)/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お盆休みでもお仕事(^^ゞ

もともと、

・電車は空いている。
・電話はこない。
・うち合わせもない。
・客も来ない。
・外出しなくても良い。
・メールも来ない。
・上司もいない。

なので、お盆休みに仕事をするのは好きなのだが、今年に限っては、ちょっくら重たい内容があるのだよねぇ~。
じっくりとできるのはよいのだけど、またひとつ忘れていた原稿書きを思い出してしまったので(良かった、思い出して・・・)、のんびりムードだけではなくちょっと慌て気味・・・。
でも、静かでジャマされない環境というのも良い物だ。

これで、家でもジャマされずにピアノの練習とかができれば文句はないのだが、深夜以外はどうも創作活動中でも可愛い邪魔が入るのだよねぇ(^^ゞ

そうそう。
mixiのあるコミュでの企画で「みんなでCD作りましょう」というのに応募しました。
今、その作業しています。昔作った曲だけど、データを精緻化して音も全部差し替えてMixし直しています。
ミックスって難しいね。
三十数名がそれぞれ一曲作って2枚組のCDになります。
他の人のデモを数曲聞いたけど、これまた面白いのですよ。ジャンル不問だし(笑)
音楽がどうだこうだ言う前に、なんだかエネルギーの固まり。
どこかのインディーズレーベルでも出すのじゃないかな?
着歌配信とかも検討している。
多分9月末頃にはCDがアップするので、良かったら買ってやってください。

ちなみに出す曲は、インストだけど全然ジャズじゃないです(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イエロージャケッツ

イエロージャケッツ結成25周年記念版
CD+DVDで2430円というお買い得版

イエロージャケッツって実はロベンフォードがいたデビュー作から聞いていて、熱狂的というわけではないけどずーーーーと聞き続けている。 キーボードのラッセルフェランテも派手じゃないけどさりげなさがかっこいいし、ベースのジミーハスリップもバカテクでとんでもないフレーズをベースで弾いていたりする。ボブミンッツアーはブレッカーの陰に隠れて大人しいのだけど、なんか世の中的には過小評価かなぁ・・・。

ということで、フォープレイに比べるといまいち地味というか、ぱっとしないというか、ラジオじゃかからないのイエロージャケッツ。

このところ買っていなかったのでお得版に惹かれて買ってみたのだが、なんとなんと、DVDがかっちょええ!!!!のだ!!!特に、デビュー作の「イエロージャケット」からの曲が何曲か今風にちょこっとアレンジを変えて演奏してたりして、これがまた、「何で?」っちうくらいに、同じ曲なのに演奏が輝いていて、深みがあってかっちょええのだ。

ジャズとフュージョンがいいさじ加減で混在していて、ひさびさのヒットかも知れない。
それにしてもお買い得だぁ。



トゥエンティ・ファイヴ(DVD付)
~ イエロージャケッツ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

週末雨~プール/パスポート

土曜日
本来プールに行く予定だったが、雨~雷予報が出ていたために屋外は取りやめ。
でもプール気分が高まっていたので、屋内に行く。

行ったのは「ふれーゆ」。鶴見のゴミ処理施設近くにある、償却熱利用のプールとお風呂の福祉施設だ。 中はそれほど広くはないけど、子供が遊ぶにはちょうど良い。
プールで遊んだ後は大浴場。その後は畳の大広間で身体を休める。
お手軽に旅館気分だ。

しかし、行く途中の雨はすごかった。しかも、海沿いにあるのでそこら中に雷が落ちるらしく、外は光りまくるし、お風呂からは雷の閃光を目の当たりにした。

夜の映画はドラマ物

武器商人であるニコラス刑事のお話。
武器の取引というのは僕らには一見縁が遠すぎるが、とっても身近な人や国もあると言うことだ。


ロード・オブ・ウォー


日曜日

パスポートの受け取り。
子供のパスポートというのも不思議な物だ。上の子は自分でサインしたけど、5年もたてば字も顔も変わることもあるだろうに・・・。

その後奥さんは一人で買い物にでかけ、僕らは家でお留守番。
プロツールスでいろいろと作業。プロツールスはMIDIデータの加工がどうも苦手のようでMIDIデータの作業をするときは別なソフトウエアを使ってやっているが、どうも時間がかかってしまう。良い方法はないかなぁ・・・。

夜の映画は、記憶喪失物。
このところ、記憶を失うテーマが流行しているのか、日本では「博士の愛した数式」、韓国では「頭の中の消しゴム」なんかがあり、米国物がこの「50回目のファースト・キス」だ

翌日になると前日の記憶が亡くなってしまう女性に恋をする話。もっと切なくなるかなぁ・・・と思っていたら、それはアメリカ映画なので、それほどでもなく軽いコメディタッチのまま話が進む。 切なさはアジア人には敵わないと思うが、これはこれで、日曜の夜に見る映画としては良い。

50回目のファースト・キス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

△7コード

ザビヌルによると、△7コードというのは特異なコードなのだそうな。
ピアノの倍音というのは、そもそも積み上げていくと7thコードになる(らしい)。
なので、たとえ単音であったともしてもその倍音構成からみて、そもそもドミナントの機能を潜在的に持っている・・・・のだそうな。

そもそも基本となる音に7thの機能があるのに、△7というのは、無理矢理に長7度という音を和声の中に加えるという自然には無い和声であって、その意味で特異だというらしい。
(なんだかよく判らないが・・・)

突き抜けてしまった人の考えていることは、凡人にはよく解らない。

でも、トニックの△7をリッチに響かせるのはかなり難しい。
いろいろとボイシングを考えながら弾いている時、トニックになったときに急に「しら~」ッとした響きになり、急に我に返ってしまう事はよくある。(あれっ、僕だけ?)

そっか、特異なコードだったからかぁ・・・・。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

ルートを三度に

前の日記で、トニックの時にベース音を三度に(キーEbの時Eb△7の替わりにGm9)を弾く・・・といったことを書いてみたが、なんとJOE ZAWINUL on the creative process―ウェザー・リポートの真実 (単行本) を読んでいたら、ちょうど同じ事が書いてあった・・・(@_@)

「ベース音を三度にして和音を転回させていくと、響きが倍になるんだ・・・。」といった内容だ。「同じ和音の構成音でも、展開の仕方によってその響き方が違ってくるんだよ。 倍音構成から弾いていない音も聞こえてくるし、普通8管を使って響かせるサウンドを4管で響かせることができる・・・」といいった話につながってくる処なのだが、(だんだんとその先は解らなくなってくるのだけど・・・)、今までそこまで耳をとぎすませて聞いていなかったなぁ。

前の日記に書いたEb△7→Gm7やAb△7→Dm7-5は、理論的に言えばⅢm7はトニックの代理コードだし、Ⅶm7-5はサブドミナントⅣ△7の代理コードだ。本を読めば出ているし、代理コードの知識はコードを細分化するときの常套手段なのだけど、改めてサウンド面からそれを使うとどういう響きになるのか?を感じてみるのがやっぱり大切なんだと改めて感じる。

キースのボイシングも、見た目はとってもシンプルなんだよねぇ。
多分シンプルな和音を展開させて豊かな響き・サウンドを作って行くことを目指しているのだろうなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いろいろ研究

先週に引き続きウエザーリポートのCDをまとめ借り。
Mrゴーン、ヘビーウエザー、ブラックマーケットなどを立て続けに聴く。

今はキースの譜面をやっと弾く。
こっちもとっても面白い。

I Loves You Porgy

なぜ一人称単数なのに動詞にsがつくのか?とかそういうことは置いておいて・・・・。

以前に何となく「トニックがFなのにベース音がAの様な気がして、でもとっても面白いサウンドだなぁ・・」と思っていたら、やっぱりそう弾いてみたみたいだ。でも、実際にコピーされた譜面をみるともっと面白い。

AABA形式で最初の「A」ではキーFでCペダルを多様している、で次の「A」でトニックなのにベース音がAになっているで、最後の「A」では今度は明らかにトニックはAmとDmに分解されているのだ。おんなしところだよ。
なんとここまで、トライアドの構成音はほとんど同じなのにベース音を変える事によって、ちょっとづつカラーを変えていると言う見事さ。 すんごいぞ。

じゃぁ、ほかの曲でこのまねはどうやってやればいいかなぁと思ってやってみた。

よくやるマイワン。キーEb。
早速EbのところはEb/G=Gm9で、メロを始める。おお、マイナーだかメジャーだかの曖昧さ加減がちょっとキースっぽい?
CmのところはそのままGm9のサウンドをキープ。Fmのところでベース音を変えてAbM7と押さえて弾く・・・。
ははは、なんちゃってキースサウンドに聞こえるかも?Fm7のところでDφ7でやってみても結構面白いサウンドになる。ハハハハ。 あとは、割とダイアトトニックで動いていながら、オリジナルとは別なベース音に行っているんだよねぇ。 でも、ボイシングはまだまだつかみきれないからいろいろやってみなきゃぁなぁ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

飛行場

飛行場のイベントに行きたいと言うリクエストに応えて羽田見学。
デッキでしばらくみていたのだが、何せ暑いぞ!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

8:30

先日買った「ウエザーリポートの真実」を読んでいるのだが、めちゃくちゃ面白い。
最初の部分は自伝のような物、後半から曲の分析になっていく。まだ、曲の分析までは行っていないのだが、何を譜面に残しているのかを見ていくのが楽しみ。ワクワク・・・・。

ということで、久しぶりにこれを借りて聞いている。
発売当時にレコードを購入。その時はとってもよく聞いていたアルバムだった。CDになってからずっと「買おうかどうしようか」と思っていたのだけど、ウエザーリポートばかりまとめて借りてきた。

Weather
8:30 [Live] [from US] [Import]
~ Weather Report

今聞いても新鮮だというのがすごいな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »