« August 2006 | Main | October 2006 »

September 2006

ハワイのおみやげ その9

ディズニー映画「カーズ」のシリアル。

こういったタイアップ商品は、あくまで表紙だけだったり、おもちゃが入ったり、映画のチケットがあたったりといったキャンペーン型のタイアップになってしまうのが普通なのだが、これは、食品の中に車やロードコーンの形をしたマシュマロのようなものが入っている。子供達は、赤い車、青い車とそれぞれ奪い合っていたりする。

うーん。タイアップというものは表面的なものではなくて、こういった商品の根幹となるものとタイアップをしなくては、心に残らないのだなぁ。と、えらく感心したのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハワイのおみやげ その8

米だ!
いや、ライスというのか?

Kome

コンドミニアムだったので、いろいろ食材を買って簡単な料理をしたりした。
だって、毎食レストランで食べていたんじゃ、それだけでお金が無くなってしまう・・・。一人や二人じゃまだしも、4人だからねぇ。

で、お米の小さいパックがあったので買って炊いてみた。
made in japanではなくて、カルフォルニア産の短種米。しかも、無洗米。きちんとMUSENMAIとローマ字表記がされていたりする。 MUSENMAIは万国共通になったのか?

お味は、炊飯器のせいもあるかも知れないけど、粘りがないぱさぱさ系。まぁ、外で食べてもご飯の味は似たようなものなので、これが標準と言うことなのだろう。

多分、炒飯にしたり、さらっとしたカレーなんかをかけると合うのだと思う。 

このとき作ったのが、鰻丼(爆)
スーパーでmade in chinaの冷凍物を買ってきて、あとはご飯だけを炊いて簡単にすませた。
ウナギの味は日本で食べるのと全く同じ。そりゃそうだ、日本でも大体中国産だ。
でも、日本で買うのよりもかなり安い。なぜだろう。流通システムかなぁ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハワイのおみやげ その7

金太郎ではない。

ドーラという女の子だ。「ドーラと一緒に大冒険」という番組のキャラでブーツ君という猿と一緒に世界中を冒険するというお話だ。(←娘に教えてもらった)


ニコロデオンでやっていて、どうやらアメリカの幼児には大人気のキャラクターらしい。

ニコロデオンというのは、子供向きの専門TVチャンネルでカートゥーンネットワークとかディズニーチャンネルとかの様なもの。 日本ではあまりなじみはないが、スポンジボブとかジミーニュートロンとかラグラッツなど、いかにもアメリカンコミックなタッチでそのキャラクター達はハワイでもあらゆる処にあふれていた。 

で、そのキャラクターがパッケージに書かれたシリアル。中身自体は普通のシリアルでシナモン味。冒険は星を頼りに・・・ということからか、星の形をしているのが可愛い。

スポンジボブも大人気だった。いたる処にWAHAIIと書かれたスポンジボブの子供用Tシャツやグッツが売られていた。さしずめ、ご当地キティちゃんという感じ。 もちろんHAWAII限定のキティちゃんもあったが、それは買ってこずでした。

ドーラものは他にもあるので、まだまだ続く・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハワイのおみやげ その6

僕がファッションのことを話すのは珍しい。
そもそも、そんなに気にしないので、まぁなんでもよいのだが、アロハシャツだけは大好き。

夏に友人達にあったりすると、「おお、アロハじゃないですか」とか「今日はトロピカルですね」とか言われるのだけど、僕的には夏の休日は大体いつもこんな感じ。 で、買ってきました。

Blue
これはプルオーバータイプ。ボタンが前途中までしかなくて、かぶって着るもの。
生地はコットン。 ハイビスカスと生地のブルーのコントラストが何とも綺麗。

Elvis
映画「ブルーハワイ」でエルビスが着ていたもののレプリカ。
現地でお店の人にそう言われて、急に欲しくなった(笑)
生地はシルク。

Yellow
黄色いのを持っていなかったので買ってみた。
生地はレーヨン。

Green
このグリーンもとても綺麗。生地が一般的なシルクの薄いものではなくてちょっと厚手でしっかりしている。

以上、4着。
今年はもうアロハは着れなくなってしまったのがとっても残念だ。
何とか一年中アロハを着て過ごせる仕事というのは無いのだろうか(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハワイのおみやげ その5

おみやげシリーズその5

缶入りチーズ。

ソフトチューブに入ったチーズはたまに見かけるが、これは缶入り。 キャップを取ると長いノズルがあり、それを傾けるとチュルチュルとチーズが出てくる。本来、クラッカーなんかにチュルチュルするものらしいが、家ではパンにチュルチュル、ポテトにチュルチュルなんかしている。

すでに、もう無くなりそうなのだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ハワイのおみやげ その4

おみやげシリーズその4

今回の僕的ヒット。タバスコブランドの「スパイシーしょうゆ」。ラベル以外に日本語はない。

ハワイ料理にポキというマグロ料理がある。これを使って作ってみた。

マグロのぶつ切りに海藻サラダとアボガドを混ぜる。必要に応じてオリーブオイルかサラダオイルと普通のしょうゆをたらり。

で、このスパイシーしょうゆをどばどばっと振りかけて出来上がり。

ビールでも白ワインでも、アツアツのご飯でもOK! 正直旨いです。

しょうゆに鷹の爪を漬けても似たようなのは出来そうだけど、そこまで塩分は強くないという絶妙な代物。

-------------------------------------------

その後の調査により、日本の正田醤油が販売していることが判明。
さてどこで買えるか!!!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハワイのおみやげ その3

シリアル。
言わずとしれたケロッグなのだが、これも通常お目にかかれない。
このオウム(?)のキャラは昔からいたような気がするが、これだけカラフルなシリアルもあまりない。
なかなか、カラフルな食品というのは入ってこなくなった気がする。

子供は喜ぶのにね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハワイのおみやげ その2

おみやげシリーズその2

歯ブラシ第二弾。
右が日本で売っている通常のもの、左が米国でフルサイズと言われるもの。

実はこのくらいのサイズの方がしっかりと磨けている気がして僕は好きだったりする。日本ではコンパクトサイズが主流で、大きめなサイズはなかなか見かけない。数本まとめて購入した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハワイのおみやげ その1

おみやげシリーズ その1

まったく、ハワイのスーパーは丸ごとソニープラザの様で楽しい。 今回もスーパー巡りをしながらジャンクな物を買ってきた。

その一つがこれ。

子供用の歯ブラシ。ブラシの色がカラフルでかわいいのは言うまでもなのだが、柄のお尻に吸盤が付いている。

息子が見つけていつの間にかカゴの中に入れていた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

やっと落ち着き始めた・・・。

土曜日に帰国して、日月と休祝日。
家でぼーーーーっとすごして火曜日から出勤。

そうしたら、朝の通勤時に財布から通帳から携帯まで全部入ったカバンを電車の中に置き忘れるというへまをしでかしてしまった。
オフィスについて挨拶をしつつ、JRの遺失物センターにしつこく電話をかけたらなんと宇都宮で発見とのこと。
その間カード会社複数社に電話をかけ、銀行に電話をかけ全部をストップしてもらった。

で、夕方早めに切り上げて恵比寿から大宮へ、大宮から新幹線で宇都宮へカバンを取りに行く。
カバンを受け取ってほっとしたつかの間、中をチェックすると財布がない!

カードと通帳はストップしてあるのでよしとして、免許やら健康保険証やその他諸々が入っておりかなりの痛手だ!半分傷心の中再び新幹線で東京に戻り、その日は帰宅。

翌日、もう一度JR遺失物センターに問い合わせをしてみると、なんと財布は小金井駅で発見されていた。ということで、仕事を早めに切り上げて、再び大宮から東北線本線に乗り換えて小金井駅へ取りに行く・・・。

いやぁ、参りました。現金は抜かれていたけど(まぁ、それも三千円くらいしか入っていなかった)、免許、保険証、その他諸々ポイントカード、診察カード、献血カードは全部無事。

よかったぁあああああああああああ!

で、本日カードと通帳の発見届けを銀行に出して、やっと落ち着きました。
ふう・・・・。

皆さんも、時差ぼけと置き忘れにはご注意くださいませ。


↑は、銀行に行ったあと立ち寄った最近おきにのどんぶり屋の日替わり三色丼。 マグロの叩き、サーモンの叩き、ぶつ切りマグロの漬けがご飯が見えないくらいに載っていて600円(税込み)というお得なランチ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

と、言うことでただいまです。

と、言うことでただいまです。

もう、しばらくは使いものになりません(+_+)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

V・A・C・A・T・I・O・N!

夏休み!

ということで、今日からバケーションです。
これから家族全員で南の島に行ってきます。
来週の土曜日まで帰ってきません。

PCも持って行かないので、メールみれません。
携帯もつながりません。
携帯のメールもみれません。
ブログの更新もありません。

ですが、そういうことなのでしかたがありません。

それでは、アローハー!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラフのセッションでした。

ラフのセッションでした。

ベースが水澤君かと思ったら哲さんだった。

今日の参加者は少なめ。同じメンバーでガンガン廻る。リエママの出番も多かった。 しかも、全部その場移調版(-"-;) あれをDで…って感じ。
いやあ、トレーニングになったぁ(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

恒例セッション前二百円ビール

恒例セッション前二百円ビール

関内・日の出町にて

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日はジャムセッション!

ラフアンドスティングで恒例の金曜セッションでーす。
http://www.lafu-sting.com/top.htm

ピアノ弾くの久し振りでーす。
今週ちょこっとでもピアノを触るようにしましたが、指が重く感じました(泣)

なので、ピアノの人が来てくれたら僕の替わりにいっぱい弾けます。
多数のご来場お待ち申し上げております。


で、明日からバケーションだぁ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ipodのヘビーローテーション

昨夜、いくつかのファイルを入れ替えた。

ituneでは、接続されているipodがどの曲を何回再生したのか?というデータが取れるのだが、それによると僕のヘビーローテーションは以下のようになる。

第1位
・Joyce Cooling Playing It Cool

Joyce Cooling Playing It Cool

いやぁ、スムースジャズの女王ことジョイスクーリングでした。多分、ジムに行っているときはこればっかり聞いているから、こんな結果になったのでしょうか? 自分でも、驚いた(笑)
DTMをやるときに、こういうのはとっても参考になるのよね。ランクにはまだ入っていないけど、ジェフローバーも最近入れてあるので多分ヘビーローテーションになることでしょう。

第2位
・keith Jarret Standards Vol.2

Standards, Vol. 2
2番手は、キース。(良かったジャズで・・・)その中でもStandards Vol.2だ。これは、一曲目のSo Tenderが聞きたくなるのよねぇ・・・。

第3位
・Lars Jansson I am that

I am That アイ・アム・ザット

これも一時期鬼のように聞いていた。

次点
Joe Henderson Double Rainbow

Double Rainbow: The Music of Antonio Carlos Jobim

なんと、6月くらいにかって入れたから赤丸急上昇という感じ。
ジョーヘンを聞くと言うよりも、ハンコックを聞いている。
4ビートでやっているノーモアブルースでのハンコックは、いつ聞いてもかっこいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最近のお気に入り

最近見つけた恵比寿駅前にあるカウンターしかない定食屋さん。
隣が魚屋なせいか、刺身が大充実。特に好きなのがこのマグロ盛り丼。
赤身、中トロ、叩き、漬けと4種類のマグロがこれでもかっ!って感じで載っていてご飯が見えない。普通の鉄火丼とか海鮮丼を食べる時のご飯と具の配分で食べていくと、明らかに具が余ってしまうという量なのだ!!
で、これにハモ入りのお吸い物と簡単なサラダが付いて800円(税込)という値段にはもう降参なのだ。

女子はみんな「ご飯少なめで・・・」とオーダーしている。

と、もう一つ。
←左側のブロックの一番下。

まる。てん.てん・=ほし★

というのがある。
是非、一番下の
「【まる。てん.てん・】 する」というところをクリックして欲しい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

超マニア物

おにいさん、おにいさん。
ジェイグレイドンでっせ。

昔のデモや、お蔵入りになった当時のテイクを復活させてアルバムにしたとのこと。
もう、ジェイグレイドン節というかデビットフォスターチェインジ(デビットフォスター独特のコード進行や転調の仕方を僕は勝手にこう呼んでいる)が満載で、マニアにはたまらない。

しかも、自宅のスタジオでラフに録音した物とはいえ、その演奏のクオリティーたるやすごい物がある。

さらにさらに、ものすごい量の解説が付いていて、これまたマニアックなのだ。
「当時は8トラックしかなかった、それでも多いと思っていたんだよね。」
「最初にガイドラインでローズを録音した。ベースは僕が弾いていたけど2カ所パンチインした形跡がある。」
「ポーカロが、スネアのミスショットをしているんだ」
「ボーカリストが間奏でしゃっくりをしているんだよね。当時はどうしてミュートしなかったのだろう」
「スタジオがあった2階から、下の部屋にあったアップライトピアノの所までマイクコードをのばして録音したんだ」

などなど、かなーーーーり読みでがありマニア心をくすぐる物だ。

エアプレイが好きなミュージシャンは買って損はしない。
しかし、よくぞこんな企画でCDを出したよなぁ。奇跡のようだ。


パスト・トゥ・プレゼント・ザ・70S
~ ジェイ・グレイドン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おわった~\(^_^)/

かかりっきりになっていた山をひとつ越えた~。
ひゅーひゅー。どんどん。
で、来週はその次の取りかかりを始めて、「後は任せる!」の体制を作れば、土曜日からはまるまる10日間のバケーション!!!

きゃー。

眠いぞ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »