« September 2006 | Main | November 2006 »

October 2006

音楽はご無沙汰?

次のライブの予定がない。
と言うのも、なかなか先々の予定が不安定で決めきれないのだ・・・。

不安定で決められないというのも、ちょっと言い訳というか、自分へのエクスキューズが入っているのかもしれないんだけど・・・。

じゃぁ、音楽活動から全く離れているかといえばそういうわけでもない。
いまとりかかかっているのが、Mixiximの第二弾用の曲制作。
これはオリジナルな曲じゃないといけないので、曲を作ってmidiでプログラムをして(というか、手で弾いてそのデータを修正しているのだが)、そのデータをベースにpro toolsを使ってレコーディングをしている。

演奏時間の制約があるので、曲自体はわりとシンプルな曲にして、アレンジというかオーケストレーションと言うかをいろいろ考えているのだが、これが、また面白いのだ。 試行錯誤しながら細部にこだわり始めると時間が経つのを忘れてしまい、あっという間に2時間3時間が経っている。寝不足にもなるわけだ。 

でも、こういう事を自分でやってみて、当たり前に聞こえる音楽(と言うか作品)をふつうに作ると言うことが、「どんなに繊細な神経が必要か」と言うことが今更のように思い知らされる。 特に何度も聞くことを前提にしている作品の場合には、「音楽=時間の芸術で消えてなくなるもの」なんていう概念は通用しない。 そうなると、コード一つにとってもボイシング一つにとって見ても、意図と整合性が必要であり、演奏に迷いというのはみじんもあってはいけないのだ。自分の演奏とはいえ、何度も何度も聞いていると、迷いのある所は浮き出てくるし必ず修正したくなる。

と言った風に、いろいろな発見があったり自分の好きなようにくみ上げていく作業というのは面白いのだけど、じゃぁ、ライブはもうやらないのか?というと、いやいや、やりたいんですよ(笑)

もうちょっと周りと自分自身が落ち着き始めたら、早うやりたいのう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ついに始めてしまった・・・。

えっと、プリズンブレイクです。

ずっと見ようかどうしようかと思っていたのだ。

ERのシーズンXIのNHK-BSの放送は終わってしまい(現在再放送中)、シーズンXIIが始まるのはたぶん来年の4月から。
24のシーズンVは、レンタルが始まっているけど一気に見たいから全部がでそろってからと思っている。

なんて思っていたら今、こいつが日本テレビの深夜にやっているのよね。

もう、見始めちゃったじゃないか・・・・。


プリズン・ブレイク

人物関係の前情報をほとんど無しに見始めたのだけど、もう、ぜんぜん説明してくれない。
「だから、そいつは誰だよ」のまま、クールに話は進んでいくのだ。
で、進んで行くにつれてだんだんと話が見えてくる。

見ている方にすっごい集中力と推察力を要求するドラマ。

やっべえ、またはまってしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

風邪からは何とか脱出

先週は、木曜日をお休みし、金曜日はとりあえず動いてみた。
まぁ、これ以上ひどくなることはなさそうなのでほっとする。
早めの処置と休息が一番だなぁ。

土曜日
私立校の学園祭に行く。
まだ、小学校4年生なので中学受験と言うことは実感はあまりないが、周りではもう始まっているらしい。
しかも、受験と言っても僕自身が北海道出身で関東の学校についての土地勘がない。いわば、どこにどんな学校があってそれはどういう特徴なのか?私立の中学ってどうなの?みたいな感覚が全くないのだ。
で、そういうときにどうするかというと、学園祭に行ってみると言うのが常套手段らしい。

と言うことで電車で数駅のところにある中高一貫校に行ってみた。
学園祭というのも懐かしいねぇ(笑)

いくつか部活発表の教室を見てみたのだが、さすがに中高一貫だと部活のレベルが高くなるのだなぁというのがよくわかった。
高校生のレベルに引っ張られるのだね。
特に感心したのが、コンピュータ関連の部と鉄道研究会だ。両方ともオタクだなぁとは思うのだが、いろいろなことがきちんと調べられていて(最新情報からその歴史的な視点まで)、こっちが見ていても「ほぉ~」と感心するばかりであった。特にwindowsビスタについての考察については、こっちまでなるほどと思ってしまったし、旧国鉄の下山事件についての発表は、漫画形式での発表になっていて読んでておもしろく、ついつい発表の小冊子をもらってきてしまったくらいだ(笑)

息子も、ちょっとは刺激を受けて毎日ちょっとでも良いから勉強してくれると良いのだがなぁ~。
道は遠いかもしれない(-.-)


061030_10310001

フィッシング部での発表というか、魚釣り。教室内にこんな水槽を作ってしまって魚釣りをしていた(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

風邪ひいた(>_<)

風邪ひいた(>_<)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

めがね

めがねを買った。

と言っても、元々近眼だし、コントクトだ。

なのでシニアグラス。

笑うでない(笑)

原稿を書いていたり、企画書を書いていたり、決算の数字とか予算管理で相当細かい数字の作業を長時間していると、近視用のコンタクトだと目が疲れてしまうのだ。朝はよいのだけど夕方から夜にかけての仕事だと相当つらいのよね。

なので、試しに出来合のものを買ってみた。

061023_145000012

いやぁ~楽だわ(爆)
機械に頼って少しでも疲れが低減されるのであれば、それはそれの方が良いと言うことなのだ。

一方、日曜日に見た映画


ファイナル・カット

ロビンウイリアムスは大好きな俳優で、コメディーからシリアスまで結構見ている。
最近は、飛行機の中で子どもと「RV」をみた。これは、いかにもロビンウイリアムスなコメディーだったが、昨日のは、SFサスペンス。

うーん。もっと説明してほしい映画だなぁ。時間は94分。決して長いということはないはずなのだが、妙に見終わってからもあれやこれやと気になってしまう映画だった。

自分の記憶や自分の見たものを、自分の死後追悼上映会という形で公開しすることができるという設定。かなりの人たちがその記憶チップを頭の中に埋め込むことになっているのだが、自分の見たものがすべて他人に知られてしまうということにつながる。

うーん。やだな俺。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

先生たちのダンスショーだ

先生たちのダンスショーだ

ステキ(☆o☆)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いつの間にか週末だ・・・。

今週は忙しいんだか忙しくないんだか、なんだかふわふわした一週間だった。

気がつくと、日記の方はほとんど更新がないという状態。
そういえば何をしたっけ?

水曜日・木曜日と外でビール無しの夕ご飯を食べたくらいだから仕事か(^^ゞ

土日はもう予定が入っている。

土曜日は、娘の幼稚園のバザー「どんぐり祭り」だ。

日曜日は、横浜の大桟橋へ行く。

息子が夏休みの宿題で、「環境絵日記」と言うものを書いて出したのだが、なんとその作品が入賞したのだ。で、その作品が展示されていると事で記念品をもらいつつ見に行こうということになっている。
入賞作品と言っても、今年は400作品ぐらいが入賞になっている大きなもの。でも応募総数が8000通ぐらいあったそうなので、全体の5%が入賞だ。 とりあえずは、なかなかなもんだろう(爆)親ばかだなぁ・・・。

まぁ、そんなこんなの週末になる予定(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジャズの教則本

久しぶりに、つらつらとこちらの方に書いてみた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

週末のつらつら

【金曜日】
ラフのセッション。
いらっしゃった人は5名。

ちょうど、ピアノ、ベース、ドラム、アルトサックス、テナーサックスと各楽器が一名ずつ揃った。
揃う前まではいろいろと組み合わせを考えてみたが、みなさんばりばり弾かれるのでホストは時々しか入らずどんどんやっていただく。

最近、リエさんは歌うときに楽譜をめんどくさがって出してくれない。
このときも数曲その場で移調。良かった簡単な曲で(^^ゞ

mixiximをお店においてもらった。
どうだろう。
セッションに参加していた人達は、全く興味がなかったようだ(笑)
ジャズじゃないからなぁ・・・。

でも、第二弾の募集が始まっているのでとりあえずエントリー。
今度は新作を作ってみようと思う。
まぁ、一種の発表の場だね。

【土曜日】
イケアが港北にできたので行きたかったのだが、ちょうど木曜日にチラシが入ってきていた。
かなり衝撃的なお値段がたくさん載っていたので、きっとすごい人手だろうと思ってこの日はパス。

久しぶりにジムに行く。
乗馬のような新しいマシンが増えていた。

夜、映画を見る。

七人のマッハ!!!!!!!

タイの映画。D級くらいかな(笑)ストーリーも何もないじゃん。テロリストとの交渉も緊張感ないし、すぐ乱射しちゃうし。
「さもないと、大虐殺が始まるぞ!!!」
って、もう、相当銃乱射してるじゃん。
さらに、7人って誰と誰とで7人?みたいな。

でも、生身のアクションだけはすごかった。CGやワイヤーになれている目には動き自体は陳腐だけど、その陳腐さがものすごく、痛みまでこっちに伝わってきそうな生々しさを醸し出している。 かなり、無茶なスタント・アクションの連続だ。

でもなぁ、ストーリーがこれじゃぁちょっと見終わった後の後味がいまいち良くない。

【日曜日】
ちょっと早起き。
おにぎりを持って、近くの自然公園へ。
車で10分くらいかな。
アスレチックで子ども達を遊ばす。
大人はシートを敷いて日だまりの中でまったりと過ごした。
また日焼けした。

夜また映画を見る、テレビの日曜洋画劇場でやっていたもの。

今週末は両日とも映画はずした・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自然公園!

自然公園!

おにぎり持ってピクニック

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本日の参加者

本日の参加者

ちょうどコンボが出来る5名。各楽器一名づつ。後半はずっと演奏していただきましたとさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いつものセッション前ビール

いつものセッション前ビール

200円だったのが300円に値上がりしていた(;_;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日ジャムセッションです!!

今日ジャムセッションです!!
お待ち申し上げております。

■11/13(金) 関内・日之出町「ラフアンドスティング」 20:00~
おさっぷ(p)、水澤直人(b)
恒例の金曜ジャムセッション!
http://www.lafu-sting.com/

Mixixim_jkt
mixixim手売りします(^^ゞ
押し売りはしませんのでご安心ください。

| | Comments (20) | TrackBack (0)

ハワイアン

ハワイアンって、結構聞くんですよ。

って、人に言うと大体が、「へっ?」って顔をしながら怪訝そうにするんだよね。

「だって、プールでしか聞いたこと無い」
「あんなの?」
「健康ランド」
「スチールギターでびよーーーーん」
「なんか安っぽくない」
「おじいちゃんがやっている?踊ってるのはおばあちゃん」

っていうのが大体の人の反応だ。
まぁ、あたってる(笑)

でも、僕が聞くのはそういうのじゃなくて、もっとネイティブな物。
いいんだぜ。特にこの人。


Alone in Iz World [Enhanced] [from US] [Import]

特に有名なテイクがOver the Rainbow。
僕が知ったのが、テレビドラマ「ER」でグリーン先生が再発した脳腫瘍で死んじゃうシーン。ロケ@HAWAII。

他にも、いくつかの映画のエンドタイトルでも使われている。
・50回目のファースト・キス
・小説家を見つけたら
・ジョー・ブラックをよろしく
他にもあったような気がするんだけど・・・。

記事を検索していたらこんな記事もあった。
『iTunesミュージックストア』で脚光を浴びる伝説的ハワイ人歌手

もう、聞いているうちに泣いちゃうんだぜ~。

音楽構造的に、難しいところはあまり無い。そもそもがテンションとはかけ離れた気候のせいか、そのコード進行も緊張→解決、緊張→解決を繰り返して進んでいく感じではなく、トニックの代理コードや循環コードでぐるぐる回っているというノンビリとした物だ。転調というのもあまり無い。
でもその分、声の透明感というか包容力というか空気感というか、そういう音楽構造以外の物が際だっている。

緊張があまり無いという事は、ギターのチューニングにも現れている。
スラックキーギターというジャンルがあるのだが、普通のチューニングよりも低いところで調弦されている。
もともと、ギターがハワイに入ってきたときに調弦の仕方が解らなくて適当に合わせているうちにこうなったという説もあるのだが、同じ音を出すにも、通常よりも張力の弱い弦で出す音は、音の緊張感が異なる。
すると、何となく緊張感がほぐれたような音になって、これまた緩くて良いのだ。


ハワイアン・スラック・キー・ギター・マスターズ

自分で弾いたり唄ったり研究したりという気は実はあまり無いのだけど(笑)、実は好きだったりする。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Blue Hawaii

以前のブログで、「プレスリーがブルーハワイで着ていた」というふれこみのアロハを買ってきたことを書いた。

Elvis
↑これ。

で、本当に着ていたかどうかを調べてみた。


ブルーハワイ

ん?見つけられなかった・・・・。
もしかして別の映画?たしかハワイロケをしているのは何作かあるのだけど・・・。

で、これを見てみた。

ガール!ガール!ガール!
あらら・・・。あんまりハワイっぽくないよね。とりあえずロケはそうみたいだけど、それ以外の設定が全然違う雰囲気だ。服もそれっぽくない。

じゃぁ、三作作ったといわれる最後の物に挑戦だ。

ハワイアン・パラダイス

うんうん。これは、前作と違って観光案内+正しいアイドル映画だ。これなら期待できそうなのだが・・・。
あれ~。出てこなかったぞ・・・・。

以上、「プレスリーハワイ三部作」というのかどうかはしらないけど、一応全部制覇した。
はて、どれのことだったのだろう・・・・。


じゃぁあ・・・・ということで、画像だけでも探してみようと検索をしてみたら、ついに見つけた。


Blue Hawaii [Soundtrack] [from US] [Import]
~ Elvis Presley

なんだ、サウンドトラックのジャケットだったのね・・・。

追記

しかし、このプレスリーハワイ三部作を見て思ったのだけど、ポリネシアのいろんなところの音楽がハワイのトラディッショナルな音楽ではないのに、あたかもハワイの音楽のように描かれているなぁ。

よく見かける腰蓑をつけて腰を激しく動かすダンス。
あれは、ハワイのフラではなくて、タヒチのタモレダンス。

火をのついた松明をぐるぐる回すのは、サモア。
男達があしを踏みならしたり身体を叩くのはニュージーランド、マオリ(だっけな?)

ポリネシアはもともと人種的にはルーツは一緒なのだけど、海洋民族で太平洋を船でそれぞれ横断していたわけだ。 で、たどり着いた島々でそれぞれの文化が発達したので、一見似ているのだが実は違う島の文化だったりする。

混同しがちだし、「ハワイ→ポリネシア→全部いっしょの方がバラエティーに富んでいる」ということで、映画ではごちゃごちゃに描かれれている。 まぁ、エンターテイメントだからいっか。
西洋から見て、日本も中国も韓国も一緒に見えたりするのと同じだろう(笑)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

幼稚園について

お兄ちゃんで3年、1年空いて妹で3年。通算6年、足かけ7年ここの幼稚園に通ったのだが、今年で最後だ。
とっても田舎の幼稚園っぽくって、好きなところだ。

園長先生の自宅はここから見て左側の山の上にある。
山には竹がいっぱい生えていて、春にはそこで竹の子をほって竹の子おにぎりを作ってくれる。
普段子供達も竹の子なんて食べないくせに、このときはとっても美味しいのかぱくぱくと食べてしまうのだそうな。
その他にも、夏にはその竹を切って巨大な流しそうめんをやってくれる。
また、ここから5分ほど歩いたところには畑を借りていてくれて、ジャガイモ、サツマイモなどを園児達と作っている。 もちろん園児が芋掘りに行って、その芋はお持ち帰りとなり自宅で料理される。そんな時は、「パパこのお芋食べてね」ととっても得意な顔つきになる。
近くの農家からカイコをもらってきて教室の中で育てるのもいつもの行事だ。今回行ったときにはアリジゴクを買っているクラスもあった。
夏に園庭にできる簡易プールのプール開きの時には、園児達は男の子も女の子もパンツ一枚でドジョウつかみをするのだが、今年はなんとウナギが混じっていたそうだ。捕まったドジョウたちは、園児達の家へともらわれていく。今年も家に来たのだが、まぁ、すぐに死んでしまった。 でも、毎年長生きをしてる家もあるらしいし、もらい手のいなかったドジョウは、教室の中で飼われていた。 ウナギをもらっていった園児もいるのかな(笑)

なんせ、みんな野生児っぽくて可愛い。
都内から引っ越してきてたまたまここの幼稚園に入れた娘の友達のお母さんは「都内の幼稚園は軍隊みたいだった。こっちに来て、これがホントの子供なのよねぇ。ほろっときちゃう」と、よく言っている。

園児も野生児なら先生方も野生児で素敵だ。

いま娘の担任の先生は、7年前息子が入園したときに新卒で先生になったばかりの先生だった。
その時の声は華奢な女の子の声だったのだが、その後何度か潰れたらしく、いまではとっても気合いの入った声でたくましい。

ドジョウつかみの時には、先生も全員プールの中に入ってびしょぬれになって遊んでいるらしい。(水着を着ているかどうかは不明だ) 水の中で園児とスライディングをしてる先生もいたらしい。 泥遊びも、園児達と一緒だ。

運動会の競技で、園庭に自動車のタイヤを20個ぐらいおいて、それを白チーム赤チームに分かれた子供達が何個自分の陣地に持ってこれるか?といった競技があった。子供達が数人でひとつのタイヤを綱引きのように奪い合うと言う感じだ。その競技でどっちが勝ったか?を玉入れのようにして数えるのだが、なんと先生達は軽々とそのタイヤを放り投げながら、「ひとーつ、ふたーつ、みっーつ」と数えていた。 普通、二十歳をちょっとすぎたくらいの若き女性が、人前でタイヤをほうり投げるか?

運動会では、親参加の競技の見本をするのが毎年園長先生の役割だ。
競技は、小麦粉の中からキャンディーを口で探してくわえて走るというもの。毎年おきまりの競技なのだが、これまた、毎年おきまりで、園長先生が探しているときに他の先生がそーーーと近寄って顔を小麦粉の中に押し込んでしまう。園長先生の顔真っ白、子供達は大はしゃぎだ。 

また、毎年秋に「どんぐり祭り」といういわばバザーの様なイベントがあるのだが、先生方も積極的に参加するのが常だ。先生のかぶり物なんかあたりまえ。最近は、大学でチアリーディングをしていた先生が入ったと言うことで、先生方のチアリーディングが園児はおろかママ達パパ達に大人気だ。僕は前回見損ねたのだが、今年は最後だし絶対に見たいと思っている。

息子の卒園式の時には、娘がぐずってじっとしていられなくて、ホールの後ろの方から出たり入ったりしていた。
来年の3月は、ずっとホール中に入れるだろう。

あー、絶対泣きそうだなぁ(^^ゞ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

実家近くの公園

実家近くの公園


運動会翌日、大磯の実家に行く。

日帰りで行ってくる予定だったのだが、夕飯を食べて帰路についたとたん渋滞にはまった。
箱根からの帰りの車が国道1号線にあふれてしまったらしい。
いつも混んだとしてものろのろと動くのだが、このときばかりはぴたっと止まって動かない。
1時間たっても、普通5分くらいの道のり分しか進んでいない。
小田原厚木道路も渋滞マークがでているし、厚木から横浜町田だってどうせぴたりと止まったままだろう。

で、あきらめた。
そのまま脇道にそれ、もときた道をUターン。実家に戻って泊めてもらうことにした。

戻ったら、両親が「24シーズンIV」を見ていた。
思わず一緒に見る(^^ゞ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

運動会だ

運動会だ

前日の金曜日の夜までとっても激しい雨だった。
てっきり翌土曜日はグランドコンディションもひどく延期になるかと思っていたのだが、1時間遅れで無事開催となった。天気も良くさわやかな風もあり、絶好の運動会日和となった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

mixixim (ミクシクシム)

ついにできました!。
帯がいかしている。

「素人からプロまでが同じフィールドで戦う!「日本一曲レベルの差が激しいCD」をお楽しみください。

はははは。

でも、みんなすばらしいです。
インディーズポップスから、アンビエント系、クラシカルなものから、スムースジャズまでいろんなジャンルがあります。
みんな自前録音です。エネルギーの塊です。
なんだか僕が最高齢のような気がします。
僕のテイクはDisk1の10曲目です。

数量限定。買ってください(爆)

 mixixim (ミクシクシム)
 MIXI-001 / MIXI-002 -CD2枚組み仕様-
 税込1,890円 (税抜価格 1800円)
 2006年10月より先行発売 年明けから正式リリース予定
Mixixim_jkt

公式HP
↑10月中旬に正式オープン

企画者のHiro.J.Skysmith氏、その他協力者、一緒に作品を収めた方、皆さんに感謝!


| | Comments (2) | TrackBack (0)

ハワイのおみやげ その14

2週間も続けてしまったので、もういいか・・・。

典型的なお土産だ。よく雑誌やガイドブックにも紹介されている。
フラガールブランドの蜂蜜。容器が可愛い。

あとはまとめて・・・。

Coffee
コーヒーミルクなのだが、ヘーゼルナッツフレーバーのミルク。
砂糖をたっぷり入れてこれを入れるととっても美味しい。
他にもいくつかのフレーバーがあったのだが忘れた。

Oil
スプレー式のいわばサラダオイル。野菜を炒めたるするときにこれで一吹きをすれば、普段の量よりも少なくてすむとか、網焼きをするときに事前に一吹きをしておけば手入れなどが楽、とか言うことになっている。 日本ではキャンプ用品売り場に行けば類似の物は売っている。食品売り場じゃないんだよね・・・。
プレーンとかオリーブとかいくつかのフレーバーがあるのだが、これはバターフレーバー。本当にバターの香りがするのが食欲をそそる。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハワイのおみやげ その13

娘が自分で自分用に買ったもの。
中に水が入っていて、振ると水の中でキラキラが舞って綺麗なやつ。
自分で選んで、自分で自分のリュックに入れて持って帰ってきた。

のだが、実は危うく没収される処だった。
帰りの空港で、搭乗手続き→出国手続きと進んで手荷物検査の時に、娘のカバンの中をくまなく調べていた検査官が見つけてしまったのだ。 もう、いかにもな家族旅行で、6歳の女の子の持っているシナモンのリュックまで細かく調べたのにはびっくりだったけど、その中からこのお土産を見つけ出して「破棄するかどうか」を問われたのには、さらに「そこまで!」って気がしたのだった。

でも、確かに液体なんだから逆らっても交渉しても仕方がない。
破棄しないのであれば、「再度搭乗手続きの所まで戻って、預けてきてくれ」といわれたパパとしては、検査官の立ち会いの下、出国手続きを遡って、航空会社のカウンターまで戻り、「機内持込制限品目」と仰々しく書かれたビニール袋に入れて、それを預け、再び出国手続き並びに手荷物検査のゲートをくぐったのであった。

途中、立ち会ってくれた検査官も「こんな子供の小さいお土産までチェックしなきゃいけないのねぇ・・」と自分でも少々あきれ気味ではあった。

ちなみに、僕のカバンは中を調べられることはなかった・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハワイのおみやげ その12

シリアルの一色分ずつのパッケージ。

同類のパッケージものは日本にもあるけど、味は(というか、色か・・)は日本にないものをチョイス。

先に紹介したFroot loopsというカラフルなのもの入っていたけど、他にもハチミツ味、ポップコーン味、カカオ味なんてのもある。で、この AppleJacksというのが、また秀逸で要はリンゴ味。でも青リンゴだか赤リンゴだかよく判らなくて、でもとにかく牛乳をかけてみると、緑色(というか、牛乳と混じるからパステルグリーンみたいな色)になる。 これがなかなか子供ウケをしていた。

で、今回買いたかったけど見つけられなかった物にケチャップがある。
当然普通の赤いケチャップではなくて、ハインツからでている紫色のケチャップ。

Heinzpurple

緑色や青色のもあるらしい。

あーん、欲しかったなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハワイのおみやげ その11

ジャンクものばかり、まだまだ続けられるのだが、どこまで行こうか(^^ゞ

ハワイのおみやげ その11

子供むけ歯ブラシ。
左が前出のドーラの電動歯ブラシ。

右がバットマン歯ブラシ。ちょっと見えないかも知れないけど、柄のところがバットマンカー(かえって持ちづらいと思うのだが)になっている。

こういったキャラものの歯ブラシが充実していて、気がつくと子供達の手によって4-5本買い物かごの中に放り込まれていたりするので注意が必要だ。家でもそれだけ熱心に歯を磨いてくれればよいのだが・・・。

| | Comments (0)

ハワイのおみやげ その10

Mae

Cyber Home社製DVDプレーヤー。
だから、そんなメーカー知りません。made in chinaです。でも、mp3から、jpgからなんでも見れます。
でも、何でこんなものを、あえてハワイで?

へっへっへ。region 1のプレーヤーです(^_^)/
Back
しっかり、region 1のマークが付いている。電源は100-240Vまで対応。プラグは日本のプラグとほぼ同じ。ただ、左右のプラグの幅がちょっとだけ違うので、延長コードなどでは入らない場合があるが、問題なく使える。

もともとお店で山積みになっていたときに、「All region DVD player!!」って書かれていて、「さすがハワイだ、いろんな国から来ているからすべてのリージョンが見れるものがこんなに安く売っているのだ」などと関心をしていたのだが、買って中を見てみたら、しっかりとリージョン1だった。 つまりは、オールリージョン設定のディスクも見れます、という意味だったみたいだ。

でも、当初の目的は達成。これで、リージョン1の輸入DVDも何の躊躇もなく買える様になりました。
日本版に比べて、region 1の輸入DVDは安いんだよねぇ~。1-2枚買ったら、日本版との差額でプレーヤー代を引いてもおつりが来る。

ちなみに、DVD-Rに焼いたものはリージョン関係なく見れます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »