« October 2006 | Main | December 2006 »

November 2006

24終了

24シーズンVを見終えた。

も~う!毎度毎度、何でそんな終わり方をするんだ~。

って感じ。

シーズンVIはアメリカで2007年1月から。
僕らが見られるのはいつになるのだろうか?

ということで、早速シーズンVIのトレーラーがアップされている。
http://www.24trailer.com/
これまたとんでもない始まり方だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最近クリスマスが長いよね。

最近クリスマスが長いよね。

一年のうち、10分の1がクリスマスだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

にゅうシンセ

古い機材をオークションに出したので、それを元手に新しい物買ってしまった。
さらに、今までクラビノーバの譜面台の上とかにおいてあったPCをキチンとデスクに収めたので、作業環境的にもとっても良くなったと言うこともある。

ははは。楽器を買うのは2002年8月のクラビノーバ以来のなんと4年ぶりだ。
購入したのは、alesisのmiconという小さいアナログモデリングシンセ。鍵盤は3オクターブしかなく、とっても軽い。しかも、ルックスがとってもナイス。
はじめは、コルグのマイクロコルグマイクロエックスにしようと思ったのだけど、このルックスにはまいった。
絶対にこっちの方がかっこいい。

しかも、プレイアビリティのことを考えても3オクターブは欲しいところだった。マイクロコルグは鍵盤がミニサイズ、マイクロエックスは鍵盤が2オクターブしかない。

ほかに音源無しのものも考えたのだけど、なぜか「3オクターブの鍵盤」が付いているのってなぜかあまり無いんだよね。
当然DTMにも使うのだけど、2オクターブじゃソロ弾いても足りないし、打ち込み専用にしても入力には不自由すると思われる。 でも、4オクターブじゃ机の上には大きすぎてじゃまになる。と思うのに、なぜか2オクターブ、4オクターブ、5オクターブと言うラインアップが主流だ(ウエイテッドは別ね)。

と、いろいろ考えていたら、これ以外に選択肢が無くなったのだ。

ケースに入れると、アルトサックスと同じくらい(?)のサイズになるので、ライブにも気軽に持って行けそうだ。

ふっふっふ(^。^)

にゅうシンセ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

尾山台高野屋謹製。ざ・すき焼き。

尾山台高野屋謹製。ざ・すき焼き。

シロチョの息子さんにWX11を進呈したのだが、そのお礼になんと最高グレードの松阪牛をすき焼き用にカットして送ってくれた。

みんなでぺろりと平らげる。

さすがに旨かった。いくら食べても、全然重くならない。
ふわっと軽いまま口の中で溶けていく感じ。

普通に売っているお肉って何なのだろうと思った。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

みかん狩り

みかん狩り

自宅から徒歩約15分
なんて田舎なんだ!
家の周りは(*^o^*)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ギアラとはなんだ?

ギアラとはなんだ?

なんだかウルトラマンに出てくる怪獣みたいだね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

楽器・機材達のその後

先日実家から引き上げてきた楽器達の嫁ぎ先あるいは一時身を寄せるところが決まってきた。

■KORG アナログシンセ EX-800:オークションで若人の所に行った。もともと中古で買ったものなので第三の人生くらいかなぁ。

■YAMAHA ウインドmidiコントローラー WX11:高校の友人シロチョの息子だいち君に進呈。シロチョはベースを弾いてだいち君はEWIを吹いている。 だいち君は今高校生だ。 僕の中学・高校時代は、楽器がいろいろ欲しくてたまらなかった。バイト代をつぎ込んでヤマハのシンセなんかを買ってはいたけど、当時の電子楽器は物価水準からみてべらぼうな値段がしていたので、貧乏な高校生にはそんなにそろえることなんか出来なかった。暇さえあれば楽器屋に行って店頭で弾いてカタログをもらって眺めていたのだ。 そんな高校時代に増えた楽器というのは、一緒に布団に入って寝たいくらい嬉しいものだ。 実際にシンセと一緒に布団には寝なかったけどね。 なんか楽器を整理しながらそんな高校時代を思い出したら、オークションなんかに出すのが惜しくなって、高校生にあげることにしたのだ(笑) 僕も「おじさんになったなぁ」と思った(爆)

■YAMAHA ドラムマシンRX-5:ただいま、オークション中。

■YAHAMA FM音源 TX-81Z:オークションにだそうと思って動作確認をしたら、久しぶりに聞くFM音源のエレピの音がとっても新鮮だった。 値段もたいしてついていないみたいだし、ラックに戻してラフに預かってもらう。

■Alesis ドラム音源D-4:どうしようかを一番迷った楽器。音は抜群によい。でも、たぶんもう使わない。というか音列がGM音列じゃないので、汎用性がないのだ。ドラムキット毎にキーアサインをかえるほどもう根気はないし、ソフト音源の方が使い勝手がよいので、結局オークションに出した。たぶん落札しそうだ。まだまだ、現役のマシンなんだ。

■KAWAI ミキサーMX-16:持っていれば何かに使うと思うが、ライブじゃチャンネル数多すぎだしレコーディングにゃぁもはや使えない。digi002あたりを導入したくなると思うので、オークションに出したところ、買い手がつく。

■BOSSデジタルディレイ:僕的には、もう単体のディレイは使いようがない。オークション出品中。

■KORG 1Uサイズ デジタルリバーブ:これは、ライブハウスレベルじゃないともう使いようがない。今のミキサーはデジタルリバーブ程度はもう内蔵だ。 ということで、ラフに預けるラック行き。

■BBEソニックマキシマイザー:これも、ライブハウスレベルじゃないともう使いようがない。ということで、ラフに預けるラック行き。

■6Uラック:意外と処分するものが少なくなったので(笑)詰め直す。
■ステレオスピーカー:ちゃんとしたモニタースピーカーをそろえるまで、モニタースピーカーとして使うことにする

■ステレオオーディオアンプ:未だ、行き先無し。
■TEAC 2トラックカセットデッキ:未だ、行き先無し。これは、粗大ゴミかなぁ。家にカセットもう無いし。

つーことで、欲しい人はまだまだ間に合いますのでメールくだされ(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

IKEA港北店

前々から行きたかったのが、やっと行けた。

家を出て横浜新道から第三京浜の港北インターで降りる。この間10分。

近っ!

港北インターを降りたら右折、すぐのところにあった。駐車場は無料。

でかっ!

中に入ってみると、レイアウトはまったく船橋のお店と同じだった。
どこからどこまでも、全く一緒。

混っ!

で、だいたい目星をつけていたのだが、いろいろと見て回る。質はしっかりしているし、デザインも北欧デザインだからあか抜けているんだよね~。色もいい感じの色だし。でも、お値段はなかなかいい感じなのだ・

安っ!

で、今回主に買ったのはこれ。

ピアノと並べておいて、PCやらプリンターやらモニタースピーカーやら本やら何やらといった僕のものをすべて収容してしまう予定。で、後は蓋をしてしまえば、多少散らかっていても見えないというわけだ。

他にも、子ども部屋用の棚やテーブルランプ、リビング用のフロアなどを購入。
結構な買い物だ。

で、宅配にしちゃうと、せっかく安くなっている甲斐がないので自分で持って帰ることにした。まぁ、ワゴンだから大丈夫でしょう。と思っていたのだが、やっぱり大きかった(笑)
さすがに荷室じゃ入りきらない。後部座席を半分倒して・・・と思ったけどやっぱり入らずで、仕方なく全部倒す。
子ども達も荷物にまみれて乗っかってもらう(^^ゞ

で、自分で運んだのだが、買ったものがすべて無垢材で集合材じゃないので、これがまた、

重っ!

梱包で3梱包、すべてが25kg-30kgくらいあった。 ひえ~。

で、さすがにいっぺんには組み立てられなかったので、ぼちぼちと分けて組み立て中・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラフのセッション その2

土曜日朝

雨がひどくなる前にエレピとラックを車に積む。

晩ご飯を食べてから、ラフへと向かう。
車で行くと30分もかからずお店に着く。
早速エレピを搬入して付属品と動作の確認。
とりあえず、運搬は終了。

セッションの方は、雨のせいか、出足が鈍かった・・・・。
もったいないなぁ。
と言うことで前日に続きピアノの参加者が無く、ずっと弾き詰めだった。

サリーさんはこの日はエレベ。
「ウッドじゃなくてごめんねぇ~」なんて言いながら、いえいえ、恐れ多いです。
そのビート感とか、ソロの自在さとか、もう隣で堪能させてもらいました。
やっぱりすごいです。絶対に崩れません。ランニングしているだけで聞き惚れちゃいます。躍動しています。
普段以上に遊んで飛んだ気分になりました。実際の演奏はどうだったか判りませんが、めっちゃ楽しかったです。

でも、でも、時々ついて行けない部分がったんだよなぁ。。。。
なんだか身の程を知らされますね。特にベースソロの時とか。
どういうバッキングが良いのかがわからんのですよ。
いつもみたいに弾いても、ぶら下がっているバッキング→あってもなくても良い・・・。みたいな感じ。
もう、弾かずに聞いていた方がいいって感じ。
実際、バッキングが浮かばない以上弾かない方がいいと思って、弾かずに聞いていたところはあった(爆)
ほかにも、いろいろと感じたことはあったけど、なんだかまだまだ整理できていない。
こういう演奏の中でもまれていると、上手くなるんだろうなぁ。

ということで、この日は12時を若干回ったくらいで終了。

車で行ったのでお酒はなし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラフのセッション その1

金曜日夜

ラフのセッションでした。

ご一緒するベースは、お初の府川晃一郎さん。
噂ではお名前を聞いていたがお会いするのは始めて。
ジャムセッションとはいえ、事前に弾いておかないと・・・と言いながら早めに到着されて指を温めていたとのこと。
くる前にビールを飲んでいた身としては、肩身が狭い・・・。

この日は、ドラム3名、ベース3名、テナー1名、アルト1名という参加者でした。
yandyさんは、いつもなソプラノなのに今日はテナーだった。

以上、なんと、ピアノがいない!と言う、珍しい状況。
ずーっと弾き詰めだった・・・。

一方で、ベースの府川さんは、弾き足りない様子。
セッション終了後、すぐに、府川さんを中心として第二部が始まってしまった。

延々と続く第二部・・・。終了したのは2時をすぎた頃であった(^^ゞ

セッションの合間にリエさんに、実家から引き上げてきたエレピをしばらくお店で預かってもらえないかと相談をする。
「他の人やイベントなんかでも使っていい?」「どうぞどうぞ」と言うことで快諾。
当面(いつまでになるかは不明だが・・)、ラックに入った音源共々預かってもらうことにする。

そんな中、リエさんから「急なんだけど、明日来れない?」とオファーされる。 実は以前にもオファーされていて、ベースがサリー佐藤さん故にとっても魅力的だったのだけど、2連チャンになるのと基本的には土曜・日曜は音楽活動はしないのでお断りしていたのだが、エレピを18日に使いたいとのことで、運搬かたがたやらせて頂くことにする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

セッション前ビール

セッション前ビール

いつものコース('-^*)/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

着うた配信中(^。^)

mixiximのCDプロモーションの一環で、収録されている曲がネットで配信(着うた?)されている。

Jkenmusicと言うサイトだ。
http://music.j-ken.ne.jp/

僕の曲はここにある。
アーティストのページとかいういうのが出来ていて、楽曲を登録できたり、ケータイにダウンロードできたりする。

メンバーの紹介やイベント情報(ライブのスケジュールとか?)がアップロードできたり、応援メッセージまで入れられる様になっている。 なるほど・・・。インディーズの人たちというのはこういうシステムを利用したり、ファンの人たちは、こういうところからお気に入りを見つけ出しているのだな。

あんまり知らない世界だけど、感心してしまった。
自分プロモーション用にはよいかもしれない。

試聴ではほとんどイントロしか聴けない(笑)けど、とりあえず聞いておくんなまし。

PC版は試聴のみ
ケータイ版はバーコードから。

ちなみに、ケータイは3キャリア対応、フルバージョンダウンロードは31円(税込み/通信料別)です。

【お願い】
試聴したら、なんかにぎやかしの感想でもかいてってください(^^ゞ

ただ、まだよく調べていないのだけど、オリジナル曲以外のものをアップするのは諸条件のクリアが必要そうだね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ベンソン&ジャロウ

これさぁ、めちゃくちゃごっきげんなんですけど(^。^)

メンバーもいいし、曲もぐっとくるものばかり。
とっても、贅沢なアルバムじゃあーりませんか。


Givin' It Up [from US] [Import]

ただ、アマゾンはまだ高いな。通りすがりの新星堂で1,974円で買いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こっちも始まってしまった・・・。

だって、プリズンブレイクの7巻目には、24の第一話が入っているんだもん。
しかも、プリズンブレイクは後半がまだリリースされていないし、こっち行くしかないじゃん。

相変わらずの衝撃的な幕開けだ。


24 -TWENTY FOUR- シーズン5 DVDコレクターズ・ボックス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

眠っていた楽器大放出!

実家から一式引き上げてきた。

弟がようやく結婚することになり、当面同居するから片づけてくれともいわれていたのだ。
音源が四つ入ったラックとエフェクト類をまとめたラック、それにマスターキーボード一台。
久しぶりに、音を出してあげられて嬉しいのの反面、ショックなこともあった・・・。

一緒に楽譜を引き上げてこようと思ったのだが、実はまるごと親爺に勝手に捨てられてしまっていたのだった(;_;)
エレクトリックバンドの輸入譜面やチックやハービー、リトナー、カールトン、リチャードティーなどの昔のコピー譜、ジャズ理論書数冊(そうだ、藤井貞泰氏のと小山大宣氏のやつだ)やモード奏法の教則本、その他シンセの取扱説明書などがなくなっていた。
(追加思い出し:そういやぁ、ラベルのパバーヌやムスログスキー、ドビュッシー、サティなんかの譜面もあったはずだったのに、なかった・・・・)

もう一つ、AKAIのアナログシンセがあったのだが、これも親爺が電気製品の無料引き取りに出してしまっていた。 デジタル制御なんだが音源自体はアナログ。オシレーター(音源発信器)を6台分そのまま積んでいるという6音ポリフォニックなものだ。 ブリブリ言っている図太い音が無骨で好きだったのになぁ・・・・。 どこかで見つけた人は、お宝発見だなぁ(爆)


合掌。

ということで、自宅に持ってきてサウンドチェック。ラックの音源は一部電池が切れてしまっており、ファクトリープリセットがパーになっていたり、少々カビくさかったりするものの、全部動作確認済み。

ただ、すべてを置いておくことはさすがにできないので、いくつかを順次オークションに出品することにした。
オークションに出す予定のものは以下の通り。

もし、ほしい人がいたら遠慮なくメールくださいね。喜んでお譲りしますし、ものによっては差し上げます。

■KORG EX-800:昔のアナログシンセ。音源部分のみ
■YAMAHA RX-5:ドラムマシン。今でもハウス系じゃ使っているみたい。時々耳にする。
■YAHAMA TX-81Z:1UのFM音源。
■YAMAHA WX11:ウインドMIDIコントローラー。本体のみ。
■Alesis D-4:1Uのドラム音源、これもまだまだ現役の名機と言われている音源。
■KAWAI MX-16:16チャンネルのミキサー、BBEスイッチがついている。
■BOSSデジタルディレイ:ハーフラック型デジタルディレイ
■KORG デジタルリバーブ:1Uタイプ
■BBEソニックマキシマイザー:音にメリハリをつけるエフェクター。PAシステムでパワーアンプに送る前にかけると音がブライトになって、一つ一つの音が際立ってくる。
■6Uラック:ツアーケース
■ステレオオーディオアンプ
■ステレオスピーカー
■TEAC 2トラックカセットデッキ

簡単な自宅スタジオはできちゃうと思う(笑)

リビングで出してみた。
早速、娘が自分のアンパンマンを持ってきて、上に置いて弾かせてくれと大騒ぎになった。

でも、場所をとりすぎて顰蹙を買ったので、やっぱり片づけた。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

久しぶりのライブでっす!

昨日の日記に「もうちょっと周りと自分自身が落ち着き始めたら、早うやりたいのう。」と書いたら、夜にラフのリエさんから電話があり、セッションとライブのオファーだった。

■11月10日(金曜日)20:00~ラフアンドスティング
  ジャムセッション ホストwith府川晃一郎(bass)
■12月11日(月曜日)20:00~ラフアンドスティング
  リーダーライブ osapooh(piano,key)、佐藤哲(el-bass)、佐藤隆治(dr)、その他未定

になった。

いやぁ、「思考は実現化する」ですな(^^ゞ

あー、びっくりした。

12月のライブまでにはちょっと時間があるので、アレンジとかリハモなんかをいくつかやり直してみようかと思う。
普通のスタンダードを普通に演奏しても大御所にはかなわないし、このところPCの中だけとはいえエレクトリック系を扱うことが多いので、しばらく使っていなかった眠っている機材を起こしてみようかなぁ、なんて考えているのだ。 とはいえ、制限はあるので(^^ゞその中で最大限何ができるのかを考えてみようっと。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »