« 卒園式 | Main | かぜだったみたいだ(^^ゞ »

jazz conception

3408_cover

Jazz pianoを再開しはじめた頃に取り組んでいたエチュード。
思うところがあって、最近もう一度引っ張り出して再トライをしている。
難しいんだこれ(笑)

思うところと言うのは、リズムのことだ。
最近小曽根真氏のrebornでの演奏がとても気に入っている。
気に入っているところと言うのは、特にリズムの面。一糸乱れないとても素晴らしいリズムなんだよねぇ。
美しいとしか言いようのない8分音符のタイミングなのだ。

で、小曽根氏と言えばピーターソン。ということで、先日TSUTAYAによってピーターソンのCDを借りてきた。
といっても、TSUTAYAだからWe get requestsとか、ベストとかそんなのしかない。
で、いまさらまたWe get requestsを聞いているのだが、これまた、すばらしいタッチなのだよ、当たり前だけど。
学生の時にこの中から、イパネマとかサケバラのコピー譜を弾いてはいたけど、ありゃ弾いていたとは言わないレベルだね、今考えると。音をなぞって鍵盤を鳴らしたくらいのレベルだ。

ということで、自分自身としてだいぶリズムは矯正したつもりだったし、このところセッションホストを月一とはいえ続けてきて、自分なりにどんな状況でもリズムをキープしていくことを心がけてきたのだけど、小曽根氏とかピーターソンとかの完璧な8分音符を聞いちゃうと、「やっぱりどうなんだろう」「良いと言えるのか?己の演奏は?」というところに落ち込んでしまう。

どうしたもんかのう・・・と思っていたら、あるじゃないですか(笑)途中までしかやっていなかったやつが(笑)
改めて付属のCDを聞いてみると、すっごいきれいな8分音符フィーリング。 CDにあわせて弾いていると、そのままのアーティキレーションを感じることができるのと、「あれ、以前はそこまでこだわってなかった・・」という部分があり、またその再発見が面白い。


プリーズ・リクエスト
ジャズピアノ入門編といってよく紹介されるアルバム。妙にタッチが軽くて明るい。だから、入門編っていわれるのかなぁ。
でも、これコピーして弾くのは至難の業だぜ。


|

« 卒園式 | Main | かぜだったみたいだ(^^ゞ »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 卒園式 | Main | かぜだったみたいだ(^^ゞ »