« 週末日記(ライブ鑑賞~成田) | Main | リズムに強くなる・・・。 »

枯れ葉のリハモ

本屋に行ったら、ホーン関連のムックでブレッカーの特集をしていた。
譜面やフレーズ研究なんかがたくさん載っていたら買おうかな?と思ったけど、ディスコグラフィーやインタビュー中心だし、どこかで読んだ覚えがあったので特には買わず。

でも、立ち読みをしていたら枯れ葉のリハモがのっていた。
かなり面白かったので、進行を読んでいろいろ考えていたら覚えてしまった(笑)

最初の8小節はオリジナル通りなんだけど、次の8小節が

|Ebm7|A7|DbM|GbM7|
|Cm7-5|F7|BbmM7|////||

とちょうど短三度ずれていてテンションがきつくなっている。
最初BbMに解決していると勘違いをして、Come rain or come shineみたいにマイナーからメジャーにいったり来たりするようにしたのかなと思ったけど、もう一度立ち読みをしたらBbmM7に解決をしていた。
オリジナルのGmとBbmはかなり微妙な関係(笑)USTとしてはBbmM7=Gm7-59だ。

実は、ソロピアノを弾く練習をするときに、ルートを最低音にせず3度あるいは6度を最低音にもってきて弾くのがこのところ自分的なブームである。キーがCでトニックの時にEmとかAmのボイシングで弾くわけだ。使い方によっては、キースっぽいサウンド展開になることがあって気に入っているのだけど、ダイレクトにメロディーに対して3度ずれたハーモニーをつけてしまうのもすごいなぁ。

で、さびのところが

|F#m7-5|B7|Em7|E7|
|Am7|C-7F7|BbM7|EbM7||

となっている。やっぱり短三度の移動をベースにして強いテンションを与えつつも、今度はオリジナル通りのBbに向けた進行という物は崩していない。しかも、Em7→E7のようなクリシェは生かしたままだ。

で、最後は

|Am7-5|D7|Gm7C7|Fm7Bb7|
|EbM7|D7|Gm7|////||

A-7の替わりのEbM7がいかしている。

ジョーイカルデラッツオのリハモらしいのだけど、リハモというと奇をてらうサウンドや唐突な進行、非機能的な進行などに走る傾向が多い中、理にかないつつなんともスマートにテンション感とかサウンドをリニューアルしている。

なんだか、コード進行だけを見て感激してしまったのだった(笑)

|

« 週末日記(ライブ鑑賞~成田) | Main | リズムに強くなる・・・。 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 週末日記(ライブ鑑賞~成田) | Main | リズムに強くなる・・・。 »