« 週末日記~GW前半 | Main | 今日はduoライブっ! »

ぷんぷん!!!その2

その2

ブログからは、僕宛に直接メールを出せるようになっている。
で、先日見知らぬ人からメールを貰った。

いちおう、ここを見ていると思うので名前は伏せるが、「おいおいちょっと・・・」という感じだったので、その旨を書いて返信した。 で、一応そんな返事をする義理は僕にはないと思っているのだが、まぁその通りにしてあげて再度返信した。 でも、その人から帰ってきた返事が、やっぱり「おいおい、ちょっと・・・」というもので、こちらの意図が全然伝わらなかったみたいだ・・・。ちょっと悲しい・・・。

まず来たメール。

******************************

osapooh様
 はじめまして。下記のサイトのマリアン・ペトレスクというピアニストについて教えてください。
http://www.youtube.com/results?search_query=marian+petrescu
3種類の動画がupされていますが、若いころの「キャラバン」の演奏で聴かれるテクニックはどれぐらいの
レベルだとお考えですか?
クラシックのピアノに詳しいある方は、「確かに高度なレベルだが、クラシックの一流ピアニストであれば
これぐらいの速弾きはゴロゴロいる」仰っていましたが、何度見ても私にはビデオが早送りされているよう
に見えます。osapooh様のご意見を伺えれば幸いです。
XXXXX

******************************

えっとさぁ、まず、人に者を尋ねる時には、自分から名告らないか?
町中で道を聞く訳じゃないんだしさ。

しかも、僕その人知りませんって・・・。
名前を見たことも聞いたこともないですって(笑)
だから、ブログでその人のことについて語ったこともないですって。

で、僕、クラシックのテクニックについても知りませんって(笑)
テクニックのことについてブログで語ったこともないですって。
だって、僕はテクニックに自信なんか無いもん。
僕の知っている事っていったら、「ピアノを弾く時には、手首を上げず、手全体を丸くして弾きましょう」ぐらいなもんです。

だから、名告りもせずにさ、知らない人のことを教えてくれって言われても「わからん」し「そんなことを言う義理すらない」のですよ。

でもさ、ほったらかすのも何だから、まず、「きちんと名告ってね」といいながら、いちおう上のビデオを見て感想を送ってあげました。 まぁ、感想といっても、

・テクニックのことを僕に聞いてもしょうがないですよ。
・とってもすごいテクニックだと思うけど、音楽は僕の趣味ではないです。
・ビデオの早送りではないと思いますよ。
・でも、自分が好きなら良いじゃないですか。

くらいなもんだ。

で、かえってきたメールがこれだ。

*******************************

 この度は親切にご回答いただき、有難うございます。御礼申し上げます。

*******************************

って、これだけ。
ほんとに、これだけ。

だからさ、少なくともどこのだれかだか名告ってよ。。。。orz

そもそもさぁ、クラシックのピアニストとジャズのピアニストのテクニックを比べてどうするのよお。

クラシックのピアニストは、基本的にそこに書いてる譜面通りに弾くのが基本だ。それをベースにして様々な解釈と表現がなされる。だから、どんなに難易度の高い譜面であっても、彼らはまずそれを正確に弾かなくてはいけない。 それをこなすのが最低限であり、それ無しに表現も解釈もあり得ない。「その部分は、難しいからはしょりました」とか「難しいからMIDIでやっちゃいました」じゃぁ、仕事にならんのだ。
だから、作曲家の要求の結果、クラシックのピアニストのテクニックはひじょうに高レベルのものとなっている。

でも、テクニックがピアニストの優劣をつけるものではない。そんなことはクラシックのピアニストだって百も承知だろう。 常にテクニックがあってあたりまえ、それ以上のことで切磋琢磨をしているわけだから「すごいテクニックですね!」と褒められても、実は当人は全然嬉しくないだろう。 「あー、今日聞いてくれた人はそんなことしか聞いていないんだ」とおもって、かえってがっくり来るかもしれない。

一方、ジャズなどのポピュラーピアノの場合、クラシックとポピュラーでは使用される譜面そのものの情報も異なれば、譜面から取り出す表現や解釈の質が全く異なっている。

クラシックピアノとポピュラーピアノの場合、同じ楽器を弾いていても全く異質な音楽を演奏しているのだ。
同じ楽器を弾いているから似たような奏法にはなってくるだろうし、その奏法技術は一見同じテクニックとして論じられるように見えるかもしれないけど、実は目的が異なるもののために使用される技術を、同じ質的視点で捉えてはいけないのだ。

しかし、なにを彼(彼女?)は僕に聞きたかったのだろうか?

先に書いて、さらに思ったことを補足。

でも、どうも世の中の風潮として、

「ジャズピアニストでテクニックのすごい人がいる」
「でも、その程度ならクラシックにはごろごろいる」

とか
「そのテクニックは、クラシックでも通用する」

なんて、事を言う人がいるんだよね。

その人の頭の中では明らかに
「クラシックのピアニストはジャズのピアニストより格上」
という公式が成り立っている。

多いんですよ、そう言う人。

でも、じゃぁクラシックのピアニストがジャズ弾こうとすると、これまたほとんど弾けない場合が多い。
おかしいじゃん、格が上なのに弾けないなんて(笑)

でも、それは何が悪いでもなくて、
「求められるテクニックが違うのだから、比較してもしょうがないでしょ?」
ってことがいいたいのだ。

|

« 週末日記~GW前半 | Main | 今日はduoライブっ! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

どこにでもこういう人っているんですね。
私の所にも「へ?」って思うようなメールたまにきますが、最近は無視しちゃってます。
ささ 甘いチョコでも食べてリラックスしてねw

Posted by: aki | 2007.05.01 at 06:35 PM

akiさんのオークションはうまくいったみたいですね(^。^)

いやぁ、まったく・・・。

「なのってね!」って、お願いメールを出したのに、これだもん(-.-)
がっかりきちゃうよね。

やっぱり、ジャズの話をしてくるので似たような趣味の人だと思う訳じゃない?手当たり次第に誰でも良いっていうわけじゃなくてさ。 で、せっかくメールをくれているわけだから、きちんと相手を解った上で返事をしたいと思っていたのにさ(-_-;)

Posted by: osapooh | 2007.05.01 at 07:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 週末日記~GW前半 | Main | 今日はduoライブっ! »