« カツ丼そばセットの日 | Main | 週末日記 »

譜面を見ないと言うこと

それが、そんなにえらいことなんかい?

「うるおぼえだったからコード間違えた。」

そりゃ、お金払って聴いている人や一緒に演奏しているプレイヤーに失礼だろ。

譜面を見ないことが目的じゃないだろ。

だったら、必死で暗記してこいよ。

確実じゃないんなら見ろよ。

|

« カツ丼そばセットの日 | Main | 週末日記 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

最近ご無沙汰しています!

いや~~大賛成です!

単純に覚えりゃいいんですよ。

わからなかったら素直に見りゃいいんです・・・と思うんですけど。

どうでしょうか?

Posted by: ヤブ医者 | 2008.05.17 at 10:12 AM

やぶ医者様、割り込み失礼します。
私も、賛成、同感です。
自分の話で、恐縮ですが、以前ライブで、ボーカルが、ピアノに、Eのキイの譜面を、いきなり「なんでも弾け」とか言って、やらせ、ピアノは、ボロボロでした。
どんなキイでも、ピアノは、できないといけない。
たいがいの曲は、暗譜してやれ。
それが、聴きにきてくれるお客さんや、場所を提供するライブハウスを、なめた行為、リハ気分でライブをやり、失敗は許されると、ボロボロの演奏をたれ流す、怠慢になるとしたら最悪ですよね。

Posted by: あさげ | 2008.05.17 at 02:18 PM

返事としては遅くなりました(^^ゞ

>やぶ医者さん
ええ、全くその通り。

たぶん「暗譜しなくてはいけない」と思っている人は、「暗譜しなさい」と言われて、まじめに見ないでがんばっていると思うんですよね。

でも、そもそも暗譜する目的って何だろうと思ったら、「流れを頭にたたき込むこと」なんだと思うんですよ。 だからそれさえできたら、別に目の前に譜面があろうが無かろうがあまり関係ないのではと・・・。

>あさげさん
思うのですけど、唄伴のプロの世界ではそれでよいと思いますよ。 僕がその店の経営者なら、それができるピアニスト以外いらない。だって、ピアニストをコストとして考えたら、譜面の準備はしなくて良いし、転調も準備しなくて良い。 譜面かけないような安めのボーカルや唄いたいという様なお客さんにもきちんと対応してくれる。そんないいピアニストだったら、多少ギャラ高くても他で回収できるから。
でも、それはあくまでピアニストをコストとしてとらえただけの話。

普通のライブの店だったら、バンド単位でいかにクオリティーを上げるのかを、まず第一に考えなくてはいけないのです。あとは、そのために各人が何をするのか?ですよね。
そのときに自分がなすべき事をいかにきちんとするかからスタートするべきではないか?と思うのですよ。
そうしたら、自分に対しても人に対してもいい加減なことはできないです。

うーん。
考えれば考えるほど自戒になってきたなぁ。

すみません。
こういっておきながら、時々僕も失敗します・・・・。

反省。

Posted by: osapooh | 2008.05.20 at 01:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« カツ丼そばセットの日 | Main | 週末日記 »