« 新橋 立ち食い寿司 魚河岸日本一 | Main | 青山カレー倶楽部のシーフードカレー »

定額給付は1年分として月にすると一人1000円だぞ

昨日はいわゆる「定額給付金」が衆院を通過。

しかし、これだけ批判や異論がある中で、ほんと何をやっているんだかという感じです。

「麻生太郎」って昔から嫌いなのだけど、何が嫌いって「人の話を聞かない」という一点につきる。
口が曲がってるとか、漢字知らないとか、だみ声とかいろいろなことを言われているけど、「人の話を聞かない」に勝る嫌いなポイントはない。 

会社に一人いると、周りにいる人間に不快感を与えて和が壊れる元凶となるタイプの人間だと思う。 こっちのポジションとかあっちのポジションとか関係なく、こっちがいろいろと説明をしているのに、ああいう態度をとられると本気でいやだと思うよ。

また、「定額給付」という政策もほんとにプアーではないか?

「いいからお金あげて使ってもらいなよ。それって、消費の刺激っていえるんじゃない?」

レベルの発想でしかない。

一回、ぱーっと使って、はい、おしまい。

なんだ、それ。

いや、だからさ、財政政策も金融政策も要は「仕組み」じゃないですか。
「風が吹けば桶屋が儲かる」じゃないけど、財政政策だって公共事業を興すことによって、民間への発注を増やしたり雇用を増やしたりすることができるわけだ。雇用が増えれば、それは消費という形で経済全体に波及していく。 一方で金融政策は公定歩合をコントロールすることによって、企業の借入額=投資の総量をコントロールしようというもので、それによって工場を建てたりしてこれまた雇用につなげていこうというものだ。
その効果が少なくなってきていると言われてはいるが、経済全体に対して何らかのダイナミックな働きかけを持つ仕組みを利用した施策であったわけだ。

ところが、「定額給付」・・・。
どう考えても仕組みになっていない。
一人あたり1万2千円程度の消費。

1年分として12ヶ月で割ると一月あたり1000円程度。(←こう考えるとすくねぇ)

そこから生まれる経済の動きや仕組みが見えない。

様々なアンケートで定額給付についての反対意見があるけど、この本来波及してほしい経済効果が漠然とも見えていないと言うのが最大の反対理由だろう。

だって、このご時世このくらいのお金もらったからって、浮かれて使おうなんて言う人いない。

一人あたり300万円とかくれるのであれば、そりゃ車でもバンと買い換えて家族で旅行でも行くだろうし、株に投資する人もいるだろうし、家を買い換える人もいるだろう。 そりゃ目に見える経済効果はごりごり出てくる。もちろんインフレもすごいことになるだろうけど(^_^;)

でもなぁ、正直この程度の刺激(月当たり千円)だと、定食に納豆と玉子をつける程度でしょうか。

おとーさん「あの、定額給付分1年間お小遣いアップしてください」
おかーさん「はい。じゃぁ月当たり1000円ね」
息子「僕も!」
おかーさん「あなたは18歳未満だから月当たり650円ね」
むすめ「わたしも!」
おかーさん「はい。あなたも月当たり650円アップね」
おかーさん「でも1年たったら元に戻しますからね。しかも今後消費税が上がるかもしれないから、戻ったら目減りしてるかもよぉ。」

だとしたら、かしこいおかーさんは、貯金しておくよなぁ。

なので、そもそもおとーさんのおこずかいには、たぶん何の影響も及ぼさないです。
新橋で飲む人が増えると言うこともないだろうなぁ。

あー、やっぱりぜんぜん効果ないじゃん(爆)

|

« 新橋 立ち食い寿司 魚河岸日本一 | Main | 青山カレー倶楽部のシーフードカレー »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 新橋 立ち食い寿司 魚河岸日本一 | Main | 青山カレー倶楽部のシーフードカレー »