« 週末日記~呑んだくれた金曜日 | Main | あきらめたらいかん・・と言うことだ。 »

週末日記2~疲れた土日

【土曜日】

金曜日呑んだくれてしまったので、土曜日は抜け殻(^_^;)

とは言いつつも、10時には娘のベットダイビングによって起こされる。

昼間、娘のお相手の隙を見てピアノを弾く。

先日以来、どうも指がなまっている気がする。それなりに聞こえているのかもしれないが、どうも指の開きが弱い。
普段通りに弾いているつもりなのにスムーズではなかったり、鍵盤を引っかけてしまって音が濁ってしまう。
フレットのないベースを弾いたときに、自分では弾いているつもりなんだけど、実は充分に指が広げられていなくて、音程がずれてしまっているとか、どうもそんな感じ。

どうしようかなと思って、ふと思い立って昔の教則本を開いてみた。

ジャズ・コンセプション/スタディ・ガイド ピアノ・コンピング [CD付]
ジャズ・コンセプション/スタディ・ガイド ピアノ・コンピング [CD付]Jim Snidero


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

で,
弾いてみる。

やっぱり弾けないじゃん。
頭の中では覚えているのだけど、やっぱり指が追いついていないので、もう間違える間違える(^_^;)
なので、いくつかを何度も繰り返して弾いてみる。

なかなか回復しないのう・・・・。

夕方

みんなで餃子作り。
兄ちゃんの友人(なんと中1で身長170cmという大型友人)の家では一回に餃子80個をぺろっと平らげるのだそうな。 うちではそこまでいかないだろうと思ってはいたものの、皮60枚分を作成。

なんと、60個を平らげてしまった。80個までの道のりも近し。。。

【日曜日】

土曜に引き続き、教則補の練習。
マイナスワンにして、アドリブの練習をすると楽しんだけどね、今回の目的には合っていないので、ひたすら譜面通りにがんばる。

昼間、近所でお買い物。

娘の服やらいろいろ・・・。

夕方昼寝。

夜、映画。

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 [DVD]ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 [DVD]
ジョージー・ヘンリー, スキャンダー・ケインズ, ウィリアム・モーズリー, アナ・ポップルウェル, アンドリュー・アダムソン

ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント 2008-04-23
売り上げランキング : 3404
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

子供と一緒に見る。

これまたアマゾンの批評が酷いね。
やはり、この映画の場合、「信頼」「家族のあり方」「裏切り」「自己犠牲」「表面に出てこない筋への推理」等々が理解できないと、なんにも理解できなくなる。 

特に映画って、ある時間とシーンだけを切り取っているのだから、その前に何があったのか、その裏で何がおきているのか、を自分のイマジネーションでふくらませてみないと、楽しめないと思うんだけどな。

単にストーリーを追って、映像をみてるだけじゃぁ、まぁ、そんな評にしかなりませんな。
「批評の品格」という言葉をはやらせたいもんだ。

第二章もあるんだね。子供と見てみようっと。

で、先週の読了。

新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に
小林弘人

バジリコ 2009-04-03
売り上げランキング : 415

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

編集者の視点から今後のメディアを語った本。
もうデジタル化は避けられないのだけど、その考え方じゃだめじゃない?と旧世代のメディア人を叱咤し、旧メディアの中にはまだまだネタがあり今がチャンスだ!と新世代のメディア人を鼓舞している。

面白い。

で、まだ読んでいる最中で、読了はしていないのだけど対照的なのがこれ。

はっきり言って「旧タイプの広告マンの自慢話」なのだけど、その迫力には相当圧倒される。
さすがスーパー電通マン。 これだけの迫力があると、メディアはどうなろうと関係ないんだろうな、きっと。
今だからこそ、改めて広告に取り組む覚悟というのは必要なのかもしれない。

良い広告とは何か良い広告とは何か
百瀬伸夫

ファーストプレス 2009-04-11
売り上げランキング : 5507
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 週末日記~呑んだくれた金曜日 | Main | あきらめたらいかん・・と言うことだ。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 週末日記~呑んだくれた金曜日 | Main | あきらめたらいかん・・と言うことだ。 »