« July 2009 | Main | September 2009 »

August 2009

インド・ネパールレストラン サティ 渋谷店

2種類のカレーランチ。

エビカレーとラムカレーをミディアム(中辛)で。

Share photos on twitter with Twitpic

普通過ぎるほど普通・・・。
今度行くなら、って、いつ行くかわからないけど、辛口でオーダーしないと物足りない。

あと、喫煙率異様に高し・・・。

| | Comments (0)

週末日記~選挙もいったよ。

夏休み最後の土日。

でも、息子の宿題が終わっていなかったのででかけず。

まぁ、天気もたいしたことなかったしね。


なので、途中まで読んでいた本をいくつか読み終える。

まずはこれ。

天才!  成功する人々の法則天才! 成功する人々の法則
勝間 和代

講談社 2009-05-13
売り上げランキング : 476
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

感想は、此方へ。。。

もう一冊は、これ。

ソーシャル消費の時代 2015年のビジネス・パラダイム (講談社BIZ)ソーシャル消費の時代 2015年のビジネス・パラダイム (講談社BIZ)

講談社 2009-04-08
売り上げランキング : 8802
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

先の感想の方で、「マーケティング的な流行語を、勝手に拝借して・・・」みたいなことを書いたけど、このタイトルもそうだったりして・・・。

中身は、いわゆる未来予測。
内容は、「これはそうかも?」と言うところと、「これは、いけてないよね」と言うところが混合している。

ただ、感じたのが、いわゆるマーケターという、いわば事業主(と言うか事業の当事者)でない人たち、がその「感性」(これもそろそろ死語になりつつあるかも?)とデータで未来を語る時代は終わったんじゃないかなぁ。

政府機関関係者が予測をしたちょっと的外れな未来予測みたいな感じがした。
確かに、トレンドはそうだし、データもそうなんだけど、書かれている事が、当事者感覚というか、現実感というか、「どっぷりとその中に浸かっていたらそうは感じないはずなんじゃないかなぁ」と思える事がいくつかあり、それが「いけてない」予測を生み出している。

「トレンドを作るマーケター」なんて、無くなってしまうんだろうか。
それはそれで少し寂しい・・・。

で、さすがに出かけなかったりとかエンタテイメントがないのもかわいそうなので、息子とDVDを見る。

戦場のピアニスト [DVD]戦場のピアニスト [DVD]
ウワディスワフ・シュピルマン

アミューズソフトエンタテインメント 2003-08-22
売り上げランキング : 4618
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ポーランドと言えば、ショパンですがな。

ピアノの森 16 (モーニングKC)
ピアノの森 16 (モーニングKC)
講談社 2009-08-22
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
starショパン・フィナーレ!
star待ちに待った第16巻。素晴らしい!
star演奏も審査も、もうドキドキ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


もとえ!!

クラシック好きな息子なのに、この映画で使われていたショパンは知らなかったとのこと。

早速日曜日に、サントラをTSUTAYAで借りる。

戦場のピアニスト オリジナル・サウンドトラック戦場のピアニスト オリジナル・サウンドトラック
タデュウシュ・ストゥルガラ サントラ

ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル 2003-01-22
売り上げランキング : 30222
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

暗いんだけどなぁ。。。。


| | Comments (1)

ニャーベトナム恵比寿三越店 蒸し鶏と野菜のフォーとミニベトナムカレー

2連ちゃんのミーティングの後2時半頃ランチ。

なんだかガーデンプレイスの味もなぁと思って恵比寿三越の地下に行ってみた。
以前にカレーのエチオピアが入っていて良く行ったものだけど、無くなってからは久しぶり。

で、フォーのお店を発見して入ってみた。

もっと臭くても良いのだけど、さすがに上品な味。フォー自体も上品で癖があまりない。
僕個人としてはタイ米のような癖があるフォーの方が好きなのだけど、やっぱり三越と言うことであれば、ほっほっほ、お上品でないといけないざーます。

でも、テーブルの上に調味があったりして大変嬉しい。
ちょい辛めにして頂きました。

パクチーももっと欲しいところだけど、やはり、少々くせのあるお野菜でございますから、あまり万人向けとはいえないんですのよ。

���� on Twitpic

量的にもしっかりしていて、よございました。
ごちそうさまでございます。

| | Comments (0)

みうら なう

みうら なう

| | Comments (0)

深町純「On The Move」 きゃーきゃーきゃー

きゃーきゃーきゃーきゃーきゃーきゃーきゃーきゃー

再発売ですって!

深町純本人が自分のHPの中「再発できない」と嘆いていたのだけど、ようやく出来るようになったのね。
ヤフオクでは一時かなりな高額で取引がされていたという幻のアルバムです。って、僕はLP持っているんだけど、再生が出来ないし、これ逃すといつ手に入るかわからないので、早々に予約しました。

だって、だって、僕の青春の1枚なんですぅ・・・。

この一曲目のタイトル曲でエレクトーンのコンクールにでてました、高校生の時。
当時、両足でオクターブのスラップ風ベースを始めたの「僕です!!!!」。
左手なんて使ってません。両足でペダル弾いてたの!


きゃーきゃーきゃー

懐かしいなぁ~。

オン・ザ・ムーヴオン・ザ・ムーヴ
深町純

ソニー・ミュージックダイレクト 2009-09-09
売り上げランキング : 1007

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (2)

週末日記

と言っても、金曜日にリハビリ出勤をして、そのまま土日に突入したので、連休引き続きという感じ。

先週の読了から。

久しぶりに小説。

色即ぜねれいしょん (光文社文庫)色即ぜねれいしょん (光文社文庫)

光文社 2007-07
売り上げランキング : 3371
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本屋に行ったら、著者のサイン本があったので思わず買ってしまった。
@yonda4 ���������  ������ on Twitpic

映画は、まぁ、いいや。

せいしゅんだねぇ。

日曜日に見た映画。


父親たちの星条旗 (特別版) [DVD]父親たちの星条旗 (特別版) [DVD]
クリント・イーストウッド

ワーナー・ホーム・ビデオ 2007-05-03
売り上げランキング : 16069
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

その前に見た映画。

硫黄島からの手紙 [DVD]硫黄島からの手紙 [DVD]
クリント・イーストウッド

ワーナー・ホーム・ビデオ 2008-07-09
売り上げランキング : 42149
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

エピソードのつながりはほとんどない。
上陸シーンを流用していたり、同じ場所でロケをしているくらいかな。
ただ、その微妙なすれ違い方がなかなかこっちから見たのと、あっちから見たのとのすれ違いなっているのがいい感じだと思う。

それぞれを見てみると、とても面白い。

両方とも息子と一緒に見た。


| | Comments (0)

箱根に行ってきた。

8/17-19と箱根のプリンス神山ロッジに泊まってきた。

クモやムシの襲来があって、子供達はキャーキャー言っていたけど、良かったなぁ。

「廃れてしまった感」を感じた意見もあったけど、やっぱり夏の最盛期にはそんなことはなかった。
まぁ、そもそも、僕らが求めていたものは「静けさ」「自然」「落ち着き」「なんにもしない」と言ったことだったので、広いところになんにもない、誰もいない、といった「一人の専有面積が異様に広い」環境はこの上なく贅沢な空間であった。

ちょっと心配していたロッジの水回りも洗面台、トイレ、バスもきれいにリフォームされていて、これまた快適。
(まぁ、息子が進入してきた大きなクモにびっくりして床をべちゃべちゃにしたという事件はあったけど・・・)

行程は、初日に大涌谷によってからチェックイン。
翌日は、小涌谷ユネッサン。
ラストは、午前中ホテル内を堪能してから、ポーラ美術館。
と言うシンプルなもの。

一番疲れたのは、ユネッサンかなぁ。
まぁ、うるさいうるさいwww。

小さな子供や普通の子供に加えて、子供を怒っているヤンキーな親でいっぱいという感じだった。

「ジュリア!!なにしてんの!!!早くこっち来なさい!! もう、信じらんない・・」
って、ようやく歩き始めたベビーにだぜ・・・。 ジュリアってどう書くんだ。

でも、家族連れに混じって、若いカップルがたくさんいたのには少々びっくりだなぁ。
そんなカップルの時からユネッサンになんか行ってたんじゃぁ、家族になってからもユネッサンじゃぁないか。
カップルならもっと静かで二人っきりになれるところに行けばいいのに・・・。

����� on Twitpic
最終日のランチ。 今回一番贅沢な時間。BGMは鳥のさえずりと風の音だけ。

��������� on Twitpic
二日目の朝食。これも気持ちよかった。

����� NO大��声 ��人 ��� on Twitpic
本館ロビー。静かな空間。 昼間だからガーガーがなって電話しているゴルフ親父もいない。

今回、思ったことは(ツイッターですでにつぶやいているけど)、今の世の中「静寂」とか「広い空間」というものがなんて贅沢なものになってしまったんだろうと言うことだ。 子供の頃、北海道に住んでいたときには、空間はあるのはあたりまえ、音はないのが当たり前だった。 でも、都会に住む今は、ある程度の対価を出さないとそれは得られない。

なんだかなぁ。

| | Comments (4)

濃いセッション

まずは食事。
ふらっと入った中華のお店。


その後、ラフのセッションに行く。

wakaPさんのセッション。

お盆休みのせいか人は少なかったが参加者が偏りいつもより面白いセッションとなった。
参加者が、ピアノ3,ボーカル2、ドラム1と言う状況。

ボーカルの方歌いたい放題。

ピアノはとっかえひっかえ唄伴。

ドラムは、ずーっとたたきっぱなし。
ベースも弾きっぱなし。交代要員ゼロ。

ボーカルの方も、ピアノの方も、非常にレベルが高く皆さんいい味を出していた。
特にピアノのSさんの見事なビバップピアノには脱帽でした。すばらしかった。また聴きたいです。

その後、いつものお好み焼き屋ですじぽんで、〆。

お疲れ様でした。

さて、来週月~木までは夏休み。

のんびりしまーす。


たぶん、ブログはたいして更新しないと思われ。

このところツイッターにはまっているので、そっちの方でたぶんつぶやいています。

| | Comments (1)

新富町 一粋 モツ丼

新富町 一粋 モツ丼

| | Comments (0)

桜木町 龍華 手羽唐揚げ

友人と呑み。@横浜

最近はまっている中華で良いですか?

と教えてもらったらお店。
桜木町から徒歩7-8分

住宅地のど真ん中。

「ははは、うちここから歩いて5分くらいです」

って、なんだよ、おい(^_^;)

でも、わざわざ連れてくるだけのことはあって、いやぁ。久しぶりにうまい庶民派中華食えました。

この手羽の唐揚げなんて絶品すよ。

中国料理 龍華
神奈川県横浜市西区戸部町4-130 シュロス戸部 1階
TEL 045-242-7749



| | Comments (0)

渋谷 長寿庵 冷やしきつね蕎麦

昨日は飲み会。
今日も飲み会。

飲み会に出席するために会社に来ているこのお盆週・・・。

んなわきゃない。

で、もやしとかキュウリとかにんじんが入って一見冷やし中華。
でも、茶そばです。

にんじんが味付きなのだけど、これはそばつゆには合わないんじゃないかなぁ。

今度食べるときには、にんじん抜きにしてもらおう。


| | Comments (0)

マックなう

マックなう
本を読みたかったのでマック。

| | Comments (0)

新橋 みやこ (立ち食いでいろいろ)

朝は戸塚税務署。
先般申告した内容にミスがあったので、訂正して欲しいとの連絡があり行く。

数カ所直してすぐに終了。

それから会社に向かう。

ちょうど新橋でランチ時になったので、wakaPさんお奨めの立ち食い寿司に行ってみる。

新橋駅烏森口をでて、すぐの通りを西新橋方面に向かって少し歩いた左側。
さすがにお盆週兼雨なので空いていたかも。

一貫75円~100円程度。

いっぱい食べても千円ちょっと。

ごちそうさまでした。

| | Comments (2)

デザート

デザート
娘の作ったプリン はあと

シルエットが、Tigger。

| | Comments (0)

ついったー 落ちまくる

大原麗子は死んじゃうし、ノリピーには逮捕状が出るし、ついったーは落ちるし、もう大変な一日ですな。

| | Comments (0)

ついったー

しばらく←にパーツを置いておきます。

仕事にも繋がっているので、期間限定で適当に外しますが、興味がある人やって勝手にフォローしてみて~

Twitter

| | Comments (0)

昨日のテレビ 二つ

最近、ツイッターを再開しているのだけど、ようやくおもしろさがわかってきた。

何せ、ツイッターは2007年の始め頃にID登録をしたけど、何が面白いのかわからずほっておいた。
次につぶやいたのが最近なので、2008年はまるまる一年つぶやかなかったわけだ。

で、人から「ツイッターって誰かをフォローするとだんだん面白くなってきますよ」と言われて、フォローお勧めの勝間和代氏と廣瀬香美氏をフォローしてみた。


そっかぁ~。

とだんだんわかってきた。

で、その中で話題になっていたというか、勝間和代氏が宣伝をしていた番組を昨夜録画してみた。

知る楽 仕事学のすすめ

いやぁ、すっごい面白かった。

いくつかものすごいキーワードがあって、

・集中力がないから集中しなくて良い方法を考える
・モチベーションではなく仕組み、制約を作る
・一日0.2%の改善を続ければ 一年で200%の改善になる

と言うものだ。ここにも書いてあるのだけど、久しぶりに「おおお」と思ってしまった。

だって、普通、集中力がないなら→「集中する環境を作る」とか「せざるを得ないように追い込む」とか「集中するトレーニングをする」とか、そんな方法を考えるじゃん。それを、「しなくても良い方法を考える」だもん。 脱帽だよ。

あと、アナウンサーからカメラの前で話す方法のレクチャーを受けるのだけど、最初堅かった表情がどんどん柔らかくなるのその様は圧巻。 それも、別に話やしゃべり方がうまくなる訳じゃなくて、あたまを「うなずく」「相づち」のように動かすだけ、と言うもの。 それに気づくのだが、そこに気づくというのがすごいなぁ。

で、さすがにNHK。
テキストもある。

仕事学のすすめ 2009年8-9月 (NHK知る楽/木)仕事学のすすめ 2009年8-9月 (NHK知る楽/木)
日本放送協会

日本放送出版協会 2009-07
売り上げランキング : 356

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

後で買いに行ってこようっと。

で、昨日のTVもう一つ。
これは、ツイッターによる NHKの公式つぶやきで知ったもの。

You2
 【アンコール放送】
YOU 誰でもミュージシャン パートII YMOの音楽講座

と言うもの。

本人達が若いのは当たり前なんだけど、ものすごいガチで語っていることに感動。 また、そのぶっ飛び方にさらに感動。さらっと言ってしまっているのだけど、「それってなによ」状態。「ただ者じゃないオーラ」がでまくってましたねぇ。そっかぁ、時代超えてもアーティストはアーティストだ。と思わず見入ってしまった。 すごいっす。


| | Comments (0)

文庫本の自動販売機

文庫本の自動販売機
初めてみた。

| | Comments (0)

立ち飲み@恵比寿

立ち飲み@恵比寿
思ったよりもかなり早く終わったので軽くビール。

煮込みに柚子胡椒が付く。 これがあう!

| | Comments (0)

ブルーオーシャンとレッドオーシャン

実は、昨日の焼そばランチをなんとなく引きずっているのだが、なんで、富士宮焼そば「こころ」はあんな事になってしまったのだろうかをちょっとだけ考えた。

理由は一つ。

「戦略を間違えてる」

としか言いようがない。

値段が高いとはいえ、おそらく、麺もソースも出汁もとってもこだわっている。
これはわかる。 味のことは昨日の記事では書いていないが、うまいことはうまい。
こだわった素材で作っているから、そりゃうまい。

で、そのこだわった素材原価を積み上げるとあの値段になるんだろう、とは思う。
店主のこだわりとして「渋谷の人にもうまい富士宮焼きそばを食べさせたい」と言うその心意気を体現するには、その素材を使うしかない。 それは必要不可欠なものなのだ。 その思いを実現するには、その値段でないといけないのだ。 しかも、これは「宇都宮焼きそば」という新しいジャンルの食べ物屋だ。 近辺にはそんな料理を出す店はない。 お好み焼きでも鉄板焼きでもない、焼きそばの店なんだ。 全く新しいジャンルで、競合もないのだから少々高くても気に入ってもらえすればお客さんはきっと来る。 何せ、競合のないブルーオーシャンなんだ!!!

あーあ、間違えちゃったよ、戦略。

実は、「焼きそば=気楽なファーストフード」だとすると、もう渋谷はファーストフードの激戦区だ。
ユーザーの選択は、焼きそばVSハンバーガーVS牛丼VSラーメンVSカレーVS弁当などなど血で血を洗う争いの場だ。

ぜんぜんブルーオーシャンなんかじゃなくて、まさにレッドオーシャン。

レッドオーシャンの世界では、お客は移り気だ。最初焼きそばにしようと思って向かっても、途中で気が変わったり、他のおいしそうなものを見つけたり、キャンペーンをやっているお店が見つかると、忠誠心もなにもなくそっちに行ってしまう。 店主のこだわりなんかそっちのけ、こっちの方が安いからこっちでいいやなんて茶飯事だ。
原価の積み上げで値段なんかつけてる場合じゃなくて、よそに客を取られないための最適な価格をリサーチし、その金額で顧客の最大満足を得る品質を提供すると言うことをしなくてはいけなかったのだ。


なんてね。
ビジネス本の事例集みたいなことを考えてしまったのだった。

| | Comments (0)

渋谷 富士宮焼きそば こころ イカ大盛り焼きそば

ランチに行こうかなと思ったら、捕まって行きそびれた。
解放されたのが14時30分。

この時間にもなるとだんだんランチのお店の選択肢が無くなる。

そういえばと、会社に来る道の途中に最近出来た焼きそばのお店があったことを思い出して行ってみた。

2時も過ぎればおなかも空くし、焼きそばと言えばガッツリいきたくもなるので、カバ丸のようにここは大盛りを発注。 大盛りで750円というのもちょっと高いかなと思ったけど、麺1.5倍とも書いてあるし、ここらでがんといきましょう。

で、待つこと約3分ほど。

「お待たせしました」
ときたものは、

「これで大盛りですか?」

って、僕の期待が高すぎたのがいけないんでしょうか?

まぁ、お祭りの屋台に比べりゃイカもソバの量もキャベツもちょっとは多いかもしれませんが、これであえて750円な訳ですよ。 肉なんか挽肉でっせ。 屋台じゃぁあるまいし。 この店のちょうど反対側にある中華は750円で、様々なつゆ麺+炒飯+ザーサイ+フルーツポンチ的杏仁豆腐まで出てくるわけですよ。 

せめて、マヨとかネギとか鰹節とかトッピング自由に出来れば良いものの、テーブルの上に置いてあるのは、青のり+鰹節の粉末のようなものだけ。 (それも、ほとんど香りはしないぞ~) マヨとネギは別売りとは、なめんなよ状態じゃぁないですか。 しかもマヨとネギでなんで+100円もするんじゃ

お店の中で突っ立っている兄ちゃんが、水をしょっちゅう入れてくれてがんばってサービスはしているのだけど、「その水ぬるい」ですから。

おいおいおい。屋台並みの具しかないソース焼きそばでこの値段はないだろ。
「富士宮」だから、麺もソースもこだわってますったって、それは所詮ソース焼きそばなんだからさぁ。

チャンポン屋同様に、日ノ出町の激安中華の焼きビーフン490円を見習いなさい。


| | Comments (0)

週末日記 日曜日 あることに気がついた

日曜日


奥さんと娘が映画を見に行く。

「ボルト」 3D映画だし、実は僕もみたかったのだけど、兄ちゃんが「やだ」というので、僕と息子は一緒にみなとみらいに出かけて「海のエジプト展」にいった。

Asahi

価格相応かどうかはわかんないけど、純粋に面白かったよ。
もっとこの時代の歴史を知っていたら、もっと楽しめたと思うのだけどね(^_^;)
帰りに図録を買って帰る。

夕方帰宅後、急に睡魔に襲われ昼寝。

夜、奥さんが「お好み焼き食べたい」と急に言い出したので、家で作る。
キャベツや粉、豚肉その他を買ってくるも、全部で1000円でおつりが来る。
えらく安上がりな晩ご飯だ。

そんな日でした。

で、今まで日記は書いていなかったけど深井さんに指摘されていたけど、解が見つけられなかったことが一つあった。

何かというと、深井氏曰く「きみはさ、広告のプロフェッショナルだろ? 僕は音楽のプロフェッショナルだ。 でも、僕にもここにあるようなチラシとか作れる事は作れる。でも僕が作るよりも君が作った方がかっこいいものが出来るだろ。 僕は音楽のプロだから、君よりもかっこいいものが出来るんだよ」ってことだ。

それが、プロとアマの差と言う言葉だけで納得するべき事なのか?と思うと、僕としては納得したくなかったわけだ。

なぜかというと、僕は別にコピーライターでもデザイナーでもないし、そういったトレーニングを受けているわけでも勉強をしたわけもはない。でも、広告のことだと、そりゃ、もし深井氏が美術の勉強をしていたとしても「広告」「プロモーション」という観点でのチラシであれば、僕の方がうまく作れる自信はある。

なぜかそう思っているし、たぶん実際にもそうだろう。
じゃぁ、なぜそうなんだろう。

じゃぁそれはプロ=その領域で生活している、アマ=その領域で生活していない、といったステレオタイプな理由なんだろうか? かっこいい音楽をするためには音楽で生活をしなくてはいけないと言うことが必要条件なんだろうか? いや、音楽で生活をしていてもかっこよくない演奏をしている人はいたりするだろう。

ならば、その差はどこにあるのだろう?僕はなぜ、デザイナーでもコピーライターでもないのに深井さんよりもかっこいいチラシが出来るのだろう? 少なくとも、出来ると考えるに至るのだろう。

とその理由を考えてみた。

しばらくわからなかったけど、久しぶりに自分の演奏を聴いててあることに気がついた。

僕がデザイナーでも無いのにかっこいいチラシが出来る理由。
それは、「見る人のことを知っているから」と言う事だ。 マーケティングではコンシューマーインサイト(消費者心理)っていうのだけど、これを意識するかしないかが、ポイントなんだよ。

うまい広告を作るには、「自分がその色や形が好きだから」とか「自分の能力を出すから」とか「自分の技術を出すから」からじゃないんだよね。 広告には作り手の好き嫌いは関係ない。 あくまで主体は広告じゃなくて、商品その物。で、みてもらう人は消費者だ。 しかも、広告を見て「きれいね」って言ってもらっても、これまた関係なくて「買ってもらう」事にならないとなんの意味をなさない。

そういえば、似たような事を強く感じたのが、広告会社で働くようになってから、大学の広告研究会の作品を見たときだ。
イラストや商業デザインを勉強している学生の広告なんかは、それはきれいに仕上がっている。
でも、それは「広告」じゃないと、何とも言われぬ違和感を「広告のプロフェッショナルな僕」は感じた。 
勝手な自分だけの思いで作られ、「広告」本来の目的を達成し得ない広告作品(と言われるもの)を見せられたときの違和感。

それなんだ。

たかだか入社1年目とか2年目の時だから、その違和感を感じるのには年齢・経歴・経験なんてのはほとんど関係ない。

そんなことにふと気がついて、音楽に当てはめてみた。

そっか。

自分の好きなように弾くわけじゃない。

自分の技術を披露するために演奏をするわけじゃない。

自分の知識を披露するために演奏をするわけじゃない。

「なるほどー」と気がついて、ようやく「自分の好きに弾きたきゃ、山ん中で弾いてろって!!」って言われたことにようやく繋がった。

| | Comments (0)

週末日記 金-土曜日

金曜日

ラフのセッションに出かける。

先日来、自分の演奏の録音を再開しようと思っていたのだけど、MDは壊れちゃったし、MTRを毎回持って行くのもでかいし重たいし・・・。 ならばと、ICレコーダで適当なものはないかなぁと探していたのだけど、適度なお値段ものはでかいし、コンパクトなものは高いしで、いまいち踏み切れないでいた。

と、アマゾンで、15,000円台で売られ始めたので、これは!と、飛びついてしまった。
電気屋でみたときにはもうちょっと高かったと思ったのだけど、これなら値段的に納得。
メモリーは別売りだけど、2Gで500円ちょい。しかしやすくなったもんだ。

で、いそいそと出かけたわけだ。
セッションホストは、木村秀子さん。
お店に着くと20分遅れでちょうど始まったところ。いきなりペトルチアーニの曲を弾かれていた。
木村さんのピアノはまろやかな感じがとても素敵だ。バラードの歌い方とかきれいだもんなぁ。

ということで、この日は少人数参加にて結構弾かせてもらえた。感謝。

録音も、後で聞いたらとってもきれいに臨場感豊かに録音できていた。こんな小さいのにすげぇ。
翌日PCに取り込んで曲間をカットしたりしていたけど、小さい軽いお手軽で、もう十分以上ですな。

その後、お店を出た後何となく小腹が空いたので「激安中華!」と書かれたお店に初トライ。
焼きビーフンなんぞを頼んでみる。お値段490円! これも十分以上ですなって、多すぎて食べきれませんでした、わし。 お店の人すみません・・・。

東方紅
神奈川県横浜市中区長者町8-125
TEL 045-241-8385

しかしこのお値段で、エビやらイカやら海鮮類もしっかり入ってというのは、昼に食べた皿うどん屋はみならってほしいもんだ。

土曜日

兄ちゃんは学校の部活。娘はお友達と外遊び。

で、昨夜のラフの演奏をPCに取り込んでみる。
PCとICレコーダをUSBで繋ぐと勝手にドライバを取り込んでくれて、そのままSDカードの内部がみられるようになる。チャチャッとコピーして、編集ソフトを立ち上げて、空白部分をカットして、曲毎にファイルを分けて聞いてみる。

久しぶりに聞いた、自分の演奏。

正直、今まで課題にしていて直っているところもあれば、それがまぁまぁ直ってしまったからこそ、また悪いところが目立つなぁと言うところかな。 あと、先般深井さんから言われていて気になっていたことが、「ああ、ここ、ここ」って自分でも指摘できた。

今まで課題にしていたことと言うのは、八分音符の弾き方。とにかく、「阿波踊り的嘘スイングリズムにはしない」。絶対8分音符の弾き方は気をぬかない。と言うことだったのだけど、まぁ、だいぶ良くなったのではないかととりあえず自画自賛。

一方、気になったところはまずコンピング。とにかくこの日は「弾かなくしていた」のだけど、冷静に録音を聞くとそれでちょうど良い具合に聞こえていた。そっかぁ、こんな程度が良いんだ。 目安は、2小節で最大3回音を出す程度。その後、1小節くらいは休符にする。そんな感じの意識で弾いていたのだけど、それでちょうど良い加減なのだ。もしかしたら、もっと少なくても良いかも。 で、たまには技使って細かく弾いてみようかと思って弾いた部分はあったのだけど、それはどこの箇所も見事に「こちらには聞こえてこなかった」。 しかも、とある部分では、僕のコンピングのせいでアルトの人がフレーズを吹きそびれてしまっていた。 それじゃぁ、コンピング失格だなと改めて感じる。 

あと、音域の使い方とかもそうだなぁ。ほっとくとどんどん高音部(真ん中のCから一オクターブ上のC、それ以上の音域)を使ってしまうのだけど、もっと中低音を生かした方が全体的に落ち着きが出る。

「大切なのはなんなのか?」と言うことを、改めて考えられる良い録音だった。

それだけでも、ICレコーダー買ったかいがあったなぁ。

SANYO デジタルボイスレコーダー 「DIPLY TALK」 (ブラック) ICR-PS1000M(K)SANYO デジタルボイスレコーダー 「DIPLY TALK」 (ブラック) ICR-PS1000M(K)

三洋電機 2008-04-18
売り上げランキング : 889
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

でも、僕が買ったときよりも高くなってる・・・。


| | Comments (2)

« July 2009 | Main | September 2009 »