社会

ピタゴラスイッチなパットメセニー

| | Comments (0)

カード派っす。

マイミクさんの日記に「アマゾンで中古品と買うとクレジットカードのトラブルが心配」という記事があった。
もちろん「大丈夫ですよ~」と答えたのだけど、うちは思いっきりクレジットカード派なのです。

まぁ、仕事柄というのもあるけど、ネットショッピングが世の中に出てきた頃から躊躇無くカードで物を買ったりしていた。 日本はもちろん、海外のサイトで普通に使った。っていうか、海外送金だと手数料が馬鹿にならないので、カードで買うのが前提。 もちろん旅行の時も現地ではカード払いが基本。 現金は最小限。

家の近所に大型スーパーが出来たときには真っ先にそこのカードを作った。(まだスーパーが-オープンしてもいないのに・・・)

で、今と言えば、ビール一本、電池一個からカードで買い物している。TSUTAYAでだって、当初Tカードを使えば当初5%off(だっけ?)だったので、DVD1枚借りてもカードで払っていた。

自動車保険も生命保険も、カードで支払い。 電話ももちろんカード、最近は公共料金もカード払いに切り替えた。

もうなんだってカード。

ヤフオクでも、支払いも入金もカード決済。 ATMでの送金なんて「何で、あんなに並んで何カ所にも手作業で送るんだ」と思っているし、現金の送金は、ここしばらくやっていない。 さすがに給料日になると奥さんは銀行巡りをするけど、それだって一カ所でおろして、あとは複数の口座に別けて入れているだけ。自分の口座に入れ直しているだけだ。

外食してカードが使えないと怒ったりなんかして、そのお店からは足が遠のいたりする。
僕の中では、たばこの煙がきついお店みたいな扱いだ。

最近はおサイフケータイのチャージはもちろん、定期買うときだって、タクシー乗るときだって、なんだってカードだ。旅行や出張もカードがないと逆に動きがとれない。

なもんで、財布の中に千円札一枚しか入っていなくても、いやいや、札が入っていなくて小銭だけでも全然平気。
ほとんど現金持たない。

いや、絶対にカードの方が得なんだってば。

①利便性
現金持たなくてよい。ほぼ、どこでも使える。都市部はカードとおサイフケータイでほぼ事が足りる。盗難時にもすぐに止められる。支払いに不明な物があれば止められる。などなど、現金とほぼ同じくらいの利便性で、不便さを感じない。 断られるのはランチ時くらい(^_^;)

②コスト優位性
年会費無料のカードにしておけば基本コストはゼロ。カード払いは手数料がないので、通販で支払いでも銀行手数料が節約できる。旅行のチケットを買えば旅行保険が自動的についてくる(のもある)。物品保険もついてくる(のもある)。海外でのレンタカー使用時にはデポジットがいらない。

③利益還元
最近の低金利ではあまり意味ないけど、実は支払いを一ヶ月遅らせて、その金額を運用したならば、金利が稼げる。

ポイントをきちんとためれば、実は年額でかなり大きな還元がある。
ポイントの還元率はどのくらいかというと、カード会社によって違うけど0.5%-0.75%程度。(OMCカードの場合)

たとえば、毎月20万円使ったとして年間240万円。 0.75%還元として、18,000円。
なんと、くら寿司3回分(うー、なんと庶民な)。

実際には、ボーナスポイントやら、なんやらといろんなのがつくので、もっと貯まるという感じ。

と、細かいことはおいておいてシンプルに考えると、とりあえずカードで普通に買い物をするだけでカード会社は僕に毎年18,000円をくれるというわけだ。

Q:そんなに、うまい話があるんでしょうか!

A:いやいや、あるんです。
 ただし、「キャッシングやリボ払いをせず、金利を払わなければ・・・」という条件付き。

Q:年間240万もカードで買い物なんてするんでしょうか?
A:いやいや、公共料金、電話、食費、定期代、洋服代などを足すだけでも、結構な金額になりますよ、実は。


ということで、みんなもカードを多く使って、早く病院でもカードが使えるようになるような本格的なカード社会が来るようにがんばりましょう!

って、でも、急に病院に行くことにはなったけど、手持ちの現金がさほど無くて、会計の時にどきどきした事ってないですか? それカードで払えるようになると便利だと思いませんか?


と好きかっていったところで、今日のランチ。

恵比寿ガーデンプレイス 地下 魚匠 の まぜぶつ丼。

げそがこりこりしていていいアクセント。
ガーデンプレイスにしてはリーズナブル。

「お茶をください」といったら、
「入り口の近くにおいてありますので、セルフサービスでお願いしますと言われる。
なんと、オレンジジュースなどもおあり、なんと無料のドリンクバーじゃないですかぁ。
席も禁煙/喫煙と分かれているし、ポイント高し。

| | Comments (2)

なぜみんな騒がない?

あれ~(-_-メ)

なんで、こんな事言われてなんでみんな騒がない?
もう、どっからつっこんで良いのかが解らない。

別に僕は国粋主義者でも何でもないけど、相当歪曲して理解しているのか、それともそうやってわざと流布しているのか?

これって米国の本音?戦前の日本ってテロリストと同一だと思われていたの?
それをアメリカが矯正したの?

核で?

僕も反ブッシュになっちゃうぜ・・・。

【以下asahi.comより引用】

■米大統領演説の日本関連部分(要旨)

 ある晴れた朝、何千人もの米国人が奇襲で殺され、世界規模の戦争へと駆り立てられた。その敵は自由を嫌い、米国や西欧諸国への怒りを心に抱き、大量殺人を生み出す自爆攻撃に走った。

 アルカイダや9・11テロではない。パールハーバーを攻撃した1940年代の大日本帝国の軍隊の話だ。最終的に米国は勝者となった。極東の戦争とテロとの戦いには多くの差異があるが、核心にはイデオロギーをめぐる争いがある。

 日本の軍国主義者、朝鮮やベトナムの共産主義者は、人類のあり方への無慈悲な考えに突き動かされていた。イデオロギーを他者に強いるのを防ごうと立ちはだかった米国民を殺害した。

 第2次大戦に着手した時、極東の民主主義国は二つしかなかった。オーストラリアとニュージーランドだ。日本の文化は民主主義とは両立しないと言われた。日本人自身も民主化するとは思っていなかった。

 結局、日本の女性は参政権を得た。日本の防衛大臣は女性だ。先月の参院選では女性の当選が過去最高になった。

 国家宗教の神道が狂信的すぎ、天皇に根ざしていることから、民主化は成功しないという批判があった。だが、日本は宗教、文化的伝統を保ちつつ、世界最高の自由社会の一つとなった。日本は米国の敵から、最も強力な同盟国に変わった。

 我々は中東でも同じことができる。イラクで我々と戦う暴力的なイスラム過激派は、ナチスや大日本帝国や旧ソ連と同じように彼らの大義を確信している。彼らは同じ運命をたどることになる。

 民主主義の兵器庫にある最強の武器は、創造主によって人間の心に書き込まれた自由を求める欲求だ。我々の理想に忠実であり続ける限り、我々はイラクとアフガニスタンの過激主義者を打ち負かすだろう。

| | Comments (0)

いや、もうどーでもいいです。

ってかんじになるのが、「女性は生む機械発言」で国民の半数以上を確実に敵に回した柳沢氏。

その後の、進退についての「与えられた職務を・・・」発言についても、そもそも「大臣の職務というのは与えられる物なのか?」「ああ、そりゃ気楽で良いね」と言いたくなったし、~だって僕らは「仕事は与えられる物ではなく作る物だ」とさんざん聞かされてきたサラリーマンだし~、それで、しまいには他人の選挙で与党が二人のうち一人が勝てたからって、「辞めない」なんて事になっているし・・・。

あのさぁ、選挙があったのは知事選挙と市長選挙であって、基本的にはそれぞれの地区に住む住民が自分たちの長としてふさわしい人に投票してるわけだ。 で、あって柳沢氏の進退を決める物では全くない。考え方に同調するとかしないとかの副次的な判断はあったにせよ、基本は知事と市長を選ぶ選挙であってそもそも関係させるには相当無理がある。 

「あっちで仲間が勝ったから僕は辞めない、辞めさせない」

これって、普通な感覚なんですかねぇ。
僕にはわかんないです。

でも、どっちにせよ、この人もうアウトですよね。アウトというか一発レッドカード状態。
マーケティングの世界でも、女性に嫌われたらその商品もう終わりです。
でも、この人の場合、女性にくわえて子育てしているパパ達の反感も買いました。

ちょっとでも真剣に育児のことを考えたら
「少子化っていわれるけど、そりゃそうだよなぁ」
って、思うことばかりです、この世の中。

だって、子ども育てるお金と労力って相当な物だもん。
もう、こんなところに書ききれない。

さらに、不都合な真実に代表されるような「世の中これからどうなるのか?」という不安も全くぬぐい去れない状況。 僕らの子どもや孫ってどんな社会に生きて行かなくてはいけないのか? って、マジで不安になります。

で、それに対して「美しい国」だぁ~。 そんな訳のわからん現実性のない小学生の習字みたいな言葉をかかげられたって、不安は全然解消されない。全然美しくないです。仕組みも制度も環境も根性も。

そんな世の中で、敢えて子供を産んで育てていこうだなんて伊達や酔狂じゃ出来ないですよ。
僕の場合、労力は喜んでさくしお金だってあるだけ使ったって全然構わない。(ま、すぐなくなっちゃうんだけど(笑)
でも、自然環境や社会環境に関しての将来不安は今の世の中なかなかぬぐい去れない。

少子化というか、子供の数が減ってもあたりまえ。

それを解らず、「がんばって産んで貰うしかない」なんて言う発言は、自分の解決すべき問題を待ったく認識しておらず大臣の器じゃないよねぇと言う点でパパの立場としてもやっぱりゆるせんのです。で、さらに「あたえられた職務を・・」発言で、「しょうもねえなぁ。お気楽でよいねぇ」とおもい、地方選挙の動向で居直ったりした日にゃ「もう、どーでもよいです」って感じになってしまう。

その辺の飲み屋で爺ちゃんが「おなごはもっとぽこぽこと子供を産まんといかんのじゃ」と酔っぱらってくだを巻くのとはわけが違う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

株上昇中

このところミニバブルの様相を醸し出している。

僕の場合、8銘柄ほどを買ったままほったらかしにしていていた。
いままでは、ある物は上がり、ある物は下がりで、いわゆる景気回復とともに徐々に全体が上がっていると言った感じだった。

が、この一ヶ月くらいでわけわからないうちに全部があがっていて、一つを残して利益が出ていて、なんと10%以上も資産が増えた計算になる。 

さらに、中間決算で各社の配当も届いており、これがチリツモでまとまると家族で外食できるくらいの金額になる。
なんだかささやかながらも嬉しいよね。

目指せ! 個人投資家生活!
(っていつになるやら・・・)

さらに、円も安くなっていてこちらもドル定期にしたときの値段よりも上がっているので、為替差益が出ているのがとってもありがたい。 一時は、相当減ってたもんな(^^ゞ

ちなみに「一つを残し」と言うのがNTTdocomo。
株持ってるくせに自分が使っているケイタイがauだからかも知れない(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

結局金で解決したフジテレビ

結局、フジテレビとライブドア問題はフジテレビがライブドアの持っているニッポン放送の株をライブドアの買った価格以上で買い取る事になったそうな。

堀江社長がニッポン放送に敵対的買収をかけたときに「金があれば何でも買えるという考えはいかがなものか?」「今までの教育がそうさせたのか?」 なーーーーんてことをいって非難を浴びせていたのだが、何のことはない。 結局、自分たちの経営権を守るために高い金を出し「お金があれば何でも出来る」のだから「お金で解決」したのは、当初非難を浴びせたおじいちゃんたちだったのだ。

堀江社長が、当初から売却益狙いだったのか?それとも通信と放送の融合の方が優先度が高かったのか?本意は未だにわからないが、どちらをとっても堀江社長は両方の利益を得たのだった。 なんだか圧勝という感じですごいね。

情けなかったのが、右往左往していただけのニッポン放送経営者と「会社は株主のものといわれて愕然とした」とか「ライブドア傘下だったらやめたいけど生活があるからやめられない」などと言っていた軟弱ニッポン放送社員たち。

オールナイトニッポンがとっても元気が良かった頃にいつも聞いていた世代としては、「ラジオなんて所詮草の根メディア。株主がどうなろうと関係ない。リスナーが喜んでくれればそれでいい」と、虚勢でもバンカラな事を言ってほしかったのだがなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ソフトバンクとライブドア

>フジ側は、ライブドア傘下入りが確実なニッポン放送保有のフジ株をソフトバンク・インベストメント(SBI)に5年間貸し出し、ライブドアの影響力の排除を狙っている。

なんだか、フジテレビの社員のコメントをいろいろと読むと「ソフトバンクで良かった」「うれしい」みたいな意見が多いのだが、両方とにたような業界にいると、「なーにいってんだか・・」「どっちもどっちでしょ」という風にしか見えないのだ。 ライブドアがソフトバンクになっても行く末は変わらない気がするがのう。IT企業なんだから、その体質や将来像は似ているだろうに。

そもそも、ソフトバンクだって出てきた当初は、出版業界のルールーを壊すとか広告取引のルールを無視しているとかいろいろと叩かれていたのだ。 さらにソフトバンクのM&A数は並の数ではないし、マネーゲームばかりで虚業を追いかけていると、虐げられた眼で見られていた時期だってあったのだ。
リクルートだってそう。求人広告業界の異端児で、ルール無用の営業スタイルに旧来型の求人専門広告代理店はずいぶんと腹を立てていたものだ。 それが、たったの15-20年ほど前。

それが、いまや「メディアの救世主」「フジテレビの救世主」ですか?
テレビ朝日をメディア王マードックと乗っ取ろうとして、思いっきり叩かれていたことだってあったじゃないか。

さらによくわからないのが、
>ニッポン放送の番組に出演している野球解説者の江本孟紀さんや出演交渉中の歌手中島みゆきさんらが、ライブドアが経営権を持った場合には降板や、出演しない意向を示している・・・・。
といった意見がタレントに数多くあること。

いままで、自分が出演したり出版したりするメディアの株主構成のことを考えて行動をしていたとでも言うのだろうか? ライブドアが何をした? 自分の顔に泥を塗ったわけでもなく、ニッポン放送に泥を塗ったわけでもなく、単に「いやだから」「きらいだから」? 今回の場合はおそらくそこまでの感情さえもなく、ただ「なんとなく」?と言った感じで、「出演しない」といいきってしまうタレントの思考論理はどうなっているのだ? 株主がライブドアになったときに、出演するタレントとしてのなにかメリットデメリットがあるのか?

株式を公開している以上、買収のリスクがつきまとうのは当たり前。
企業というのは株主のものであって、経営者のものではない。
公開しているのであればその株主はころころ変わっていくのも当たり前。
それが嫌だったら、上場は取りやめればよいのだ。

でも、今一番ラッキーなのはソフトバンクの孫さんかなぁ。

球団はゲットできちゃうし、その次はテレビ局が転がり込んで来ちゃうし。
笑いがとまんないでしょう、きっと。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

なんだか「バカヤロウ!」だと思いませんか?

NHK海老沢元会長 顧問に就任
なんだよ。何の責任もとってないじゃん。

都国籍条項訴訟:門戸開放の流れに水差す 最高裁判決
そんなに閉鎖社会なの? 国際化って何よ。

『捜査怠慢で殺害』再び否定 桶川事件で東京高裁
警察の本分ってなに? 前例を踏襲などは思考と責任を放棄したものと一緒。司法も職務怠慢だよ。

クルド人「難民」送還問題 入管、家族は自主的出国促す
これで国連の常任理事国を目指そうだなんておこがましい!ちゃんちゃら、笑われてしまいますな。
相手にされないで当然ですわ。

と、このところ新聞を読んでいて腹が立ったニュース。
既得権を守って責任を取らず、よそ者を排除したがる人達だらけじゃん。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

月明りでジャズピアノ。:新潟中越地震の義援金について。

月明りでジャズピアノ。:新潟中越地震の義援金について。

僕もちょっとだけお手伝い。
出来ることからでいいのだよ。「やろう!」なんて言って気張っても忘れたりするから・・・。
コンビニのレジ前の募金箱に気が付くたびに小銭を入れるとかね。
ちょっとづつやろう。

以下、夕月さんのページからのコピぺです(^^ゞ

「郵便貯金 災害義援金の送金サービス取扱状況」について」

「日本赤十字社 義援金・救援金」について

「イトーヨーカドー『新潟県中越地震』・『台風23号災害』に対する支援物資のお届け及び義援金募金実施のご案内」について

「毎日新聞 被災者救援金を緊急募集」について

「テレビ新潟 中越地震義援金の受付」について

【↓↓電話一本で100円寄付ができます↓↓】

「テレビ朝日 どらえもん基金 『新潟県中越地震被災者支援』」について

【↓↓クリックで募金ができます↓↓】
「募金パーク」について

| | Comments (2) | TrackBack (1)

昨日今日と新聞の社会面を読むのが辛い

NIKKEI NET:社会 ニュース

「生きたまま落とした」・栃木の誘拐で下山容疑者。

もう、「あ~」って感じ。記事を読むだけでなんだか目がウルウル来ちゃうのですよ。
気持ちの持って行き場がないよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)